大分県佐伯市

宮本新一

合同会社 新栄丸

イワガキ、ムール貝、あかナマコ、アカモク、鉄釜炊きひじき

◆新栄丸の宮本新一です
大分県佐伯市大入島在住です。なるべく燃料を使わない漁業に着手し、次世代に繋がるような取り組みに力を入れています。

◆漁師になった理由
学生時代、県外に出て子供の時あたりまえのように、家の前で魚を釣ったり、海に潜って貝を採ったり出来ていたことが、あらためてあたりまえではなく、とても素晴らしく幸せな事に気がつきました!
子供の頃から特に海にもぐるのが大好きでこれを仕事に出来たらと思い、結婚を機に島に戻り漁業をはじめました。

◆生産物にかける思い
大分県の佐伯湾では昔から水産資源が豊富で、近くに一級河川もあり二枚貝のえさとなるプランクトンが豊富で貝の成長がとても速いのに着目し、2016年に法人化し牡蠣の養殖を本格的に始めました。
これまで佐伯湾の漁業の歴史で牡蠣を生産した者は一人もおらず、養殖方法を勉強するのに大変苦労しました。他県での視察を重ね佐伯湾にあった養殖方法を考えて、日本で一番美味しいと言ってもらえるようにがんばりたいです。

◆目標
海を汚さず、常に循環を考え、次世代に繋がる海の仕事をつくる
若いやる気のある人が、集まってくる会社にする

宮本新一さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください