北海道広尾郡大樹町

坂根遼太

乳life

モッツァレラ、カチョカバロ、さけっちょ

▼紹介
北海道十勝の大樹町で80年続く坂根牧場4代目坂根遼太です。
坂根牧場は2016年から乳製品加工販売を始めました。
工房名は「乳life」(にゅうらいふ)です。名前の由来は、ミルクのある暮らしをもっと豊かにしたいという思いから付けました。
「牛と人を幸せにする牧場」が私たちの理念です。

▼農業のきっけけ
昔から農業より、海外生活に興味があり、21歳の時二年間のアメリカ農業研修プログラムに応募しました。農作業の経験はありましたから、農業の勉強というよりも、海外生活がしたくて申し込みました、しかし、そこで全国から海外で農業研修したいというギラギラした仲間達に出会い刺激を受けました。
アメリカ生活中に仲間と語り合い、色々な牧場を見て、自分次第で牧場生活を楽しくできると思ったし、何より「酪農で人々を幸せにできる。酪農はエンターテインメント」だと思い込み、少しずつ食を作る「農業」ってカッコイイって思い始めました。
研修中の後半には後に妻になる女性にも出会い。
彼女の考え方にも大きな影響を受け
帰国したら酪農やろう!食で人々を幸せにしようと決心しました。

▼生産物の紹介
現在、フレッシュタイプのチーズを3種類製造しております。
モッツァレラチーズは、超フレッシュミルクの風味と、柔らかさにこだわっております。
無塩です。塩、醤油、はちみつなど、お好みの味付けでお楽しみいただけます
カチョカバロは、そのままでも良し(おつまみ)、焼いても良し(周りはちょっと焦がして中トロトロ)、削っても良し(サラダやサンドイッチ)の万能チーズです。クセがないのでナチュラルチーズ初心者の方でも食べやすいと思います。
さけっちょは、お子様大好き裂けるタイプのチーズです。
ミルクの濃い味と、ソフトな食感は抜群です!

▼目指すこと
妻がチーズを始めて、お客様と繋がるという経験ができました。
牧場に訪れてくれる方もいます。
それって、年中この場所で仕事している僕らにとって刺激のある経験ですし、酪農の事を知って頂けるチャンスでもあります。
そんな方々をもっと幸せにしたいと思いました。
そのためには、牧場をもっとよくしていこう!
牛も、人も、環境も。
チーズは妻がメインで作っています。
僕の仕事は、原料になる美味しい牛乳を牛から搾る事。
父が元々放牧酪農をしていたので、4月から半年間は青草の牛乳、もう半年はサイレージ中心の餌を食べた牛乳
牛乳の味や風味は食べた餌で変わります。
まずは、そんな餌作りにもっと力をそそぎたいと思いました。
6次化されている先輩達のアドバイスもあり、土つくりからやろうと決めました。
3年前から、牧草畑の土壌診断をし、その畑にあった施肥を続けています。
土を掘って土の臭いを嗅いだり、草を食べてみたり、全てはチーズの為に!
ようやく最近結果が見え始めましたが、健康な牛乳には、健康な牛、その牛がどれだけ良質な餌を食べているかが大事です。
それに加え、昨年全国6番目の、アニマルウェルフェア畜産認証も取得いたしました。
これは、家畜がストレスのない環境で飼われているという認証で、最近日本でも少しずつ浸透してきています。
牧場をどんどん良くしていく作業は凄く楽しいです。
健康な牛がいれば、働く人のストレスも減らせます。

「人と牛を幸せにする牧場」「牧場の新しい価値を創造し、酪農の明るい未来つくりに貢献する」が牧場の理念です。
辛い仕事だと思われがちですが、音楽が鳴り響き、働く人、訪れる人をワクワクさせる牧場を作って行きたいです。

坂根遼太さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください