愛媛県新居浜市

宮部真司

愛媛きのこの郷

菌床生しいたけ、ジャンボなめこ、ひらたけ

●ごあいさつ
愛媛きのこの郷の宮部です。愛媛県新居浜市出身です。現在のところ、しいたけを主に栽培しておりますが、他にひらたけやなめこ、きくらげなどの栽培にもチャレンジしています。どうぞよろしくお願いします。

●経緯
大学及び大学院では微生物学を学び、30歳のときに、先代である父親が立ち上げたきのこ事業を継ぎました。きのこは低カロリーであり、機能性が注目される健康食材です。きのこ栽培を通じて、お客様の健康と豊かな食生活のお役に立ちたいと思っています。

●生産物の紹介
四国は瀬戸内側のほぼ真ん中にある愛媛県新居浜市の南東部、山あいの澄んだ空気のもとできのこ、主にはしいたけの栽培に取り組んでいます。栽培の主原料となるおが粉は四国産の広葉樹を使用。また、新居浜という地は山が近くて美味しい水が豊富なところです。そんな四国の山と水の恩恵をたっぷり受けた私達のしいたけは、市内の産直に出品した当時から大変好評をいただいております。是非とも全国の皆様に食べていただきたい産品です。

●私達の想い
現代を生きる私達はさまざまなストレスにさらされています。また、産地のはっきりしない食材や食経験の浅い食材の大量摂取、栄養バランスの乱れによって、健康への不安は日々増すばかりです。一方で、私達が昔から食べてきたきのこには、旨み成分が含まれる上に、健康効果も期待されることが分かってきました。
きのこには、私達が抱え込む諸問題を解決する力があるのかもしれません。
私達は「きのこで元気クリエイト」を合言葉に、美味しくて健康に良いとされるきのことその関連商品を全国のお客様にご提供することによって、心身ともに健康で幸せに満ちた人生を送るお手伝いをさせていただきたいと願っています。