岐阜県郡上市

荒井納央子

与久呂農園(よくろのうえん)

多品目露地野菜、ハウス栽培トマト、米(うるち米、もち米)

◆お客さまへのごあいさつ
はじめまして!
与久呂農園(よくろのうえん)の荒井です。
わたしたち夫婦は岐阜県郡上市白鳥町で米と野菜の多品目栽培を営んでいる農家です。
「与久呂」は私たちが先祖から受け継いだ屋号(家の名前)です。
元々農家ではなかったわたしたちは4年前にわたし(妻)の地元にて新規就農しました。
周囲で使われなくなった田畑をお借りして、農薬・化学肥料を使わず野菜とお米などを育てています。

◆農家になった経緯
子どもの頃から両親が畑をやっており、自家製の野菜を食べて育ちました。休日は家族みんなで畑に行き、そこで働く両親の姿や野菜が育つ様子を見ていたこともあってか、苦手な物は一つも無く、根っからの野菜好きなんだと思います。
結婚し地元に戻ることになったとき、田舎で暮らすなら田畑をやりながら生活したい、
それならいっそのこと農家になろうと夫婦で話すようになり、地元の自然栽培農家での一年間の研修を経て新規就農しました。
また、夫は農学部の学生時代に有機農業の農家や過疎地を渡り歩き、「帰農」をテーマに卒論を書いたこともあり、いろいろな意味で「 農」とご縁があったのだなぁと思います☆

◆郡上市の紹介
ここ郡上市白鳥町は清流長良川の源流域で、地域には用水路が網の目のように張り巡らされ田畑に利用されています。冬季は積雪のため農作業ができる期間は限られていますが、日中と夜間の寒暖差が激しい分、自然な甘味のある美味しい作物が採れます。
与久呂農園の田畑には、 農薬、化学肥料(鶏糞・牛糞などの動物性堆肥も)を使っていません。米糠や落ち葉、周辺のススキや雑草、リビングマルチ(緑肥)などを土づくりに利用しています。

◆伝えていきたいこと・信念
「自分たちが食べたい(子どもに食べさせたい)、そして食べて元気になれる野菜を作りたい」というとことが大前提にあります。それを周りの方々にもお届けできたら幸せだね、と夫婦で話しています。

◆今後の展望・夢
生産者として野菜を販売するだけではなく、栽培方法や食べ方などにも興味のある方々とつながり、交流を深めていきたいと思っています。(援農や収穫祭などもやってみたいです!)
自分たちなりの理想の「無肥料・自然栽培」のかたちをつくっていきたいです。そして、田畑にいることが幸せで楽しくてしょうがない!・・・そんな農業を共有していきたいです。

◆その他アピールポイント
10数箇所ある田畑は地域に散在しているのですが、そのうちのいくつかは「長良川鉄道」の線路脇、長良川の堤防の隣、キツツキのドラミングが聞こえる山の中などにあり、それぞれに楽しい場所です。
子どもと一緒に田畑へ行って(まだ子どもが小さいので手がかかることだらけですが・・・)、土と共に働く姿を子どもに見せながら、野菜たちが育っていく様子を一緒に楽しめたらと思っています♪