茨城県行方市

山下三夫

すみれ花園

ヒマワリ、マリーゴールド、チューリップ、ケイトウなどの鉢花

■ご紹介■
茨城県行方市で 鑑賞用の鉢花 を生産しているすみれ花園と申します。

両親の代から45年『高須花園』として花づくりをしていましたが、令和2年8月1日から私たち娘夫婦が継承し、屋号を『すみれ花園』変更致しました。

両親の花づくりを継承しながら2代目として季節の鉢花を生産しています。

■こんな場所で育てています■
わが家がある行方市玉造地域は、霞ヶ浦のすぐ東側に位置しています。
とても温暖な場所で、霞ヶ浦のおかげで穏やかな環境にあります。
冬に雪が降って積雪があっても、この周辺だけは雪が積もらないこともあります。
現在出荷している、道の駅たまつくり(行方観光物産館こいこい)のある霞ヶ浦湖畔はとても美しい景色です。筑波山を湖畔から見る景色は、とても穏やかで私の大好きな場所でもあります。

■思わず「わっ」と喜んで頂けるような鉢花づくり
我が家は鉢花の専門農家です。父の代から45年続いています。
小さなお子様でも知っているような親しまれている花を、可愛らしく仕立てた、オリジナルの鉢花作りを目指しています。

お客様のお手元に届いてから、いきいきと育って楽しめるように、
我が家ではじっくりと土に根を張らせ、上部の株と土の中の根の状態を健康に育つような肥培管理をしています。
そのためには手間を惜しみません。


■ポケットマルシェ出店を決めた理由 その1■

我が家の売り先は市場出荷メインで、他は直売や道の駅出荷を少し行っていました。
しかし、今回のコロナウィルスの影響で、1月から母の日のGW頃までの注文数量がとても減ってしまいました。市場へセリで出荷すると希望価格の半値以下ということもあります。

自信のある私達の商品をお客様へお届けしたい。
そんな思いからネット販売を考え始めました。

このポケットマルシェさんは農家さんの生鮮物あるいは加工品など食べ物のみでしたが、ありがたい事に5月11日から観賞用の花卉も販売できることになりました。
そして今回出店させて頂きました♪

■ポケットマルシェ出店を決めた理由 その2■

育てていた花がすぐに枯れてしまった経験はございますか?
(私も買ってきた花はよく枯らしてしまいます。)
それはもちろん、商品そのものの理由だったり、お客様の元へ行った際の環境と育て方、お店で販売していた店頭の状況など様々な理由があります。

お客様の元へ直接お花をお送りすることで、フレッシュな状態のものを見て頂きたいと思いました。
野菜それぞれに美味しいレシピがあるように、花も1つ1つ育て方やおすすめの楽しみ方があります。我が家の花たちをお客様に長く楽しんでいただけたら、花農家として幸せです。
商品に育て方を同封させて頂きますので、ぜひご覧いただけたらと思います。


■現在状況■
2020年5月から『高須花園』として出荷を行ってまいりましたが、2020年8月からは2代目屋号『すみれ花園』として出荷させて頂きます。
送料がお得なポケマル便で出荷させて頂いております。