長野県中野市

三井透

三井農園

プラム、りんご、桃

◆三井農園の 三井 透 です!
現在は両親と妻と私の四人で経営しております。私で三代目になる果樹農家なるのですが、今後は果樹だけではなく、野菜なども取り扱っていけるよう、以前は三井果樹園と名乗っておりましたが、三井農園と屋号を変え長野県中野市で経営をしております。

◆震災を機に働くを考えた
東京で6年間、アパレルの企画、生産を行なっていました。2011年の東日本大震災の際に、アパレルの仕事では限られた方にか支援ができず、働くとは何か?という事を一から考え直していたその折、実家から歳をとってきたので、栽培面積縮小の話をされていたので、農業ならば多くの方々に携われるのではないかと考え、結婚を期に中野市に戻り就農しました。

◆生産物・地域の紹介
三井農園が経営を行っている中野市は、昼夜の気温差が大きく、降水量は全国平均よりも少なく、果樹栽培に適した気候です。ぶどうや桃、りんご、プラム、さくらんぼなどを主体に、全国有数の品質と生産量をほこる、果樹生産地域です。

◆伝えていきたいこと・信念
中野市の農業は、先人達が自ら、山間部や河川敷を開墾し、気候にあった品目、品種を栽培してきました。その意思は現在、私のような若手生産者が次のステージに昇華できるよう、新しい技術などをミックスし高品質の安定化をはかっています。お客様まで届きおいしいと感じていただけるよう、 日々精進しております。

◆今後の展望・夢
食"は人の活動には欠かせないモノの一つです、日本の食には、ただ食べるだけでなく、四季や自然を感じれるという側面もあります。そういった価値も含めてわかっていただけれる商品を育てていければと考えております。

◆その他アピールポイント
中野市は四方を山に囲まれ、春は桃やリンゴの花が咲きみだれ、夏は雄大な星空を眺める事ができます。秋は実りの季節、おいしい食べものがたくさんあり、冬は雪に覆われ凛とした静けさが、 中野市は四季折々の風景、空気、そして音があります。ぜひ一度来てみてください。