岩手県花巻市

鈴木寛太

かんたはうす

自身が手掛けるぶどう・ワイン

◆自己紹介
皆さん、こんにちは!2015年8月に東京から、岩手県花巻市地域おこし協力隊として、大迫地域(おおはさま)に移住して、協力隊の最終年である、2018年5月にぶどう農家として、就農して現在に至ります。

◆就農について
岩手県花巻市大迫は約70年前からぶどうを産業として成り立ってきました。その後、ワイン産業にも力を入れていき、県内では有数なぶどうとワインの町です。また、ここ数年、県内外からぶどう栽培をしたい!という新規就農希望者が来られています。2015年から数えると10数名程。私自身も就農したのですが、そのきっかけは「これからも就農する人が増えるだろう」と思ったからです。この町でよそから来た私が新規就農者とベテラン農家さんを繋げる役になれるのでは?と思い、それだったら、自分でぶどうをやった方が説得力は増すし、農家さんとも共通言語が増え、苦楽を共に出来るのでは?と思い、就農に踏み切りました。その後、自身のブランドのワインが出来ればと考え、委託醸造ではありますが、ワインをつくることが出来ました。

◆ワイン紹介
「ロースラー」というぶどう品種からなる赤ワインです。ロースラーというぶどうはオーストリア産のぶどうであり、花巻市大迫町は今から50年以上前にオーストリアのベルンドルフ市と友好都市となり、その関係で譲り受けたぶどうになります。この品種は日本中どこ探してもこの町にしかない、とても貴重なぶどうになります。
見た目は黒く、スパイシーな味わいです。

◆ぶどう紹介
私が育てているぶどうは、古くからこの町に根付いている「キャンベル・アーリー」というぶどうです。東北地方では、わりと知られている品種ですが、全国へはあまり出回らないものです。「THE・ぶどう」というような黒くて甘味だけではなく、酸味もある、どこか懐かしいぶどうを皆さんで楽しんでいただけたらと思います。

◆栽培へのこだわり
栽培管理をしっかりと行い、健全で安全な栽培を行っております。

◆委託醸造先
株式会社エーデルワイン
https://edelwein.co.jp/