神奈川県小田原市

鈴木大助

藤八丸

ヒラメ、イセエビ、イシダイ、アンコウ

はじめまして!私は神奈川県小田原市で刺網漁を営んでいる藤八丸の鈴木です!38歳!
どうぞよろしくお願い致します!

〈漁師という職業〉
父から受け継いだ漁師の道。物心ついた時から海と接していました。漁師になって20年。時には反抗した時期もありました(笑)が、今ではこの仕事について本当に良かったと思っています!毎日、違う表情を見せる海。自然と共存しながら日々沖へ出ています。


〈鮮度へのこだわり〉
漁獲した魚は専用の生簀で活かした状態で保存。
出荷直前に締める作業を行います。
作業工程は活〆→血抜き→神経抜き。
①活〆は魚を一瞬で〆る事で魚にストレスを与えず、身の劣化を防ぎます。
②血抜きは余計な血を抜く事で身の透明感をだします。
③更に専用の道具で神経抜きをする事で身の締まりを高めます。


〈漁業の未来の為に〉
今まで私達漁師は、魚を獲る事だけを考えきました。
それはもちろん大事な事です。しかし、昨今叫ばれている資源の減少など向き合わなければいけない多くの問題がある事も事実です。
しっかりとした資源管理をおこない、必要な分だけを漁獲し、豊かな海、未来に繋がる漁業を目指しています。

鈴木大助さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください