北海道石狩郡当別町

高橋良一

高橋良一農園

アスパラガス、バレイショ、カボチャ、キャベツ、トウモロコシ

◆4代目、高橋良一と申します◆
はじめまして、高橋良一と申します。
1931年に岐阜県から入植して現在は札幌市の隣、当別(とうべつ)という町で両親と3人で野菜作りをしている1968年生まれの4代目です。

◆農家になった経緯◆
高校卒業後は「本家の農家の長男坊は後を継がなければならい」という時代の流れの中にいました。本当は教育者の世界に憧れを持っていましたが朝早くから夜遅くまで働く家族を見ていたら手伝っていかなくてはならいなと諦め今に至ります。でもね、小さい頃は畑仕事を手伝うと褒められる事が嬉しかったり両親と市場に行くことが楽しかったりもあったんですよ。

◆当別町高岡地区の紹介◆
僕の住んでいる当別町高岡地区は石狩平野から小高い岡にあります。畑は「台地」という粘土が少しい強い土質でジャガイモなどの根菜類を育てると綺麗な形のジャガイモはできませんが食べるとデンプン質がギュッと凝縮された物ができますし、春夏秋冬の寒暖に差があることでトウモロコシ、アスパラ、カボチャ、タマネギもしっかりした旨味を持って育ってくれます。

◆何十年やっても農家は毎年一年生◆
目の前でスクスク育っていく野菜が居心地良い環境作りってゴールが見えている様でなかなか遠い世界です。毎年いろんな経験を積み重ね、お客様から「美味しいね」という言葉を頂きホッと一息ついた後からも「あの時こうしておけばもっと美味しくできたはづ」そんな反省と次へのステップアップの繰り返し、30年の農業経験があっても僕は未だに青いままです。


◆カボチャで「野菜ソムリエサミット」【金賞】及び【銀賞】◆
・日本野菜ソムリエ協会認定の「野菜ソムリエ・プロ」の資格を持っています。「日常的に食を楽しめる社会の創造」を追い求めて生産者と生活者(消費者)との架け橋役にもなれたらとSNSを通じて、主に種まきから食べ方までを掲載、野菜ソムリエ仲間と畑でコミュニケーションもしています。
・日本野菜ソムリエ協会が毎月開催している野菜や果物の品評会「野菜ソムリエサミット」で2016~2017年にアスパラ、キャベツ(札幌大球)、カボチャで【金賞】及び【銀賞】を授かりました。

高橋良一さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください