石川県羽咋市

水野早乙美

のと風ふぁーむ

自然栽培いちご 葉物など

◆東京都出身、石川県在住◆
はじめまして、のと風(かぜ)ふぁ〜むの水野早乙美(さとみ)と申します。現在、『自然栽培の聖地』石川県羽咋市在住です。東京都出身。単身で自然栽培農家になる為に移住してきました。
女手一つで畑と加工品創りを切り盛りしています。

◆農家になった経緯◆
2013年の夏、その当時就いていたインド占星術カウンセラーという職でインドフェスティバルに出店していた際に、生徒さんがカウンセリングをしたお客様から話の流れで戴いた『アナスタシア』というロシアの女性覚者について書かれた本に出逢った事が農家になったキッカケです。
アナスタシアが話す「地球や全ての生き物にとって幸せな生き方」がまさに自然栽培や自然農を基盤とした自然と共存する農家スタイルで、私が長年探していたまさに「私にできる=誰にでもできる」地球の様々な問題や環境問題に対するダイレクトで最も効果的なアプローチだと強く感じました。

◆世界農業遺産にも登録されている能登の紹介◆
世界農業遺産にも登録されている能登の豊かな里山里海がもたらす大地、山水、ミネラルたっぷりの海風と太陽の光...これら地域資源のみで作られる無農薬・無化学肥料・無除草剤の自然栽培のベリー類を、新鮮な内(可能な限りその日収穫したものをその日中)に加工品にしておりますので、果物本来の成分を”生きたまま”お届けする事が出来ます。


◆「全ての生命との平和な共存」◆
ほんの100年前にも遡らず、自然栽培/自然農という環境や命を殺さずに共存する農業は日本に当たり前のように存在していました。
私の祖母は能登(七尾市)出身ですが、昔から花々や虫たちをこよなく愛し愛でていました。カマキリにベッドを本気でこしらえていた話は孫たちの間で伝説となっています(笑)
祖母のDNAを含め、私はもちろん全ての日本人のDNAにこの「全ての生命との平和な共存」という子々孫々脈々と引き継がれてきた《大和の心》は眠っていると私は信じています。
この大和の心を、自然栽培農家という生き方で体現し続けていきたいです。

◆ゆくゆくは地域密着型の飲食店経営も!◆
自然農を軸として、ゆくゆくはパーマカルチャー(持続可能な農ある暮らし)の理念を用いた暮らし・コミュニティ・子育て・教育・地域密着型の飲食店経営などを少しずつでも着手していきたいと思っております。
この輪がどんどん広がっていけば、本来の自然豊かで自然と調和した人間社会を再構築出来るのでは...と夢見ています。

─ ─ ─ ─ ─

◆是非食べて欲しい「生きたベリー」の製品◆
ベリー類は収穫して数分で味はもちろん目には見えないエーテル体という氣の部分が大きく変化してしまうと言われている繊細な果物です。
私は私の果物を召し上がって頂く方の心身にとって最大限【滋養】となるものをご提供したいという強い想いがあり、なるべく収穫したものを収穫体験イベントにてその場で召し上がって頂くかその日中に加工品に仕上げるよう努めています。
是非一度、「生きたベリー」そしてそのベリーで作ったのと風ふぁ〜むの製品を召し上がって頂きたいです。

水野早乙美さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください