福岡県宗像市

福島光志

農業福島園

高校進学とともに祖父母の後継ぎとして農家になることを決意。
理由は、夏休みに遊びにいくと2時間も昼寝をしている祖父を見て。
高校生の時に養子縁組、2008年九州東海大学農学部卒業とともに就農。
1年目は祖父の教えのもと、やむなく除草剤を散布するが2年目からケンカをしながら無農薬栽培での稲作がスタート。
初年度からお米は一般消費者向けに直接販売を始め、約2カ月に1回発行の「百姓三昧だより」は2019年で50号を達成し、栽培面積も11.5ヘクタール、約34500坪に拡大。
栽培品種はヒノヒカリ、元気つくしを中心にササニシキや自然栽培の提唱者、福岡正信氏の作出した品種、古代米など10品種以上。
2017年より酒米、山田錦を栽培し、自分以外の農家にも無農薬の稲作を実践してもらい環境回復につなげる活動「宗像日本酒プロジェクト」を発足。2019年には1升瓶で約4000本規模の山田錦を、2人の農家で栽培。今後は他の農家を引き入れてプロジェクトの拡大を予定、ライフワークとなりつつある。

福島光志さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください