長野県下伊那郡売木村

膳師周一

有限会社ネットワークうるぎ

びっくりコーン

【農業生産法人ネットワークうるぎです】
4つの峠に抱かれた小さな山里から、清浄な水と空気で育った高原の恵みをお届けし
ます。「ネットワークうるぎ」は、過疎化が進み、就農者の高齢化による休耕地の激増を、
何とかしたいとの思いから発足した会社です。以後、新規就農希望のIターン者など
の支援や都市生活者との交流を目的とした農業イベントなどの活動もしております。

【売木村はこんなところ】
売木村は、長野県最南端にあり、周囲は1000~1300mの山々ですが、峠を超えて村に
入ると平坦な盆地となり、のんびりとした日本の原風景が広がります。居住エリアと
耕作地は標高850~1000m地帯。この標高ならではの昼夜の厳しい寒暖差により、旨味
が詰まった米と野菜(夏場のとうもろこしが主)が育つのです。また、山中の水源か
ら流れる沢水を農業用水に使うことで、大自然の恩恵を受けています。

【「価値のある米と野菜」を】
なだらかに続く田畑の景観は、山間部にあっても盆地の平地である売木村ならでは。
しかしこの風景を守っていくためには、こまめな草刈りや農業従事者の絶え間ない田
畑の世話が必要です。また、環境と健康への関心が高まる現代において、除草剤や農
薬をできるだけ使用しない昔ながらの農業へのニーズが高まっています。これらはす
べて、意欲ある就農者のマンパワーのもとに成り立つものです。
澄んだ水と空気による農業が可能な売木村で、熱い想いを抱いたネットワークうるぎ
の生産者が「価値のある米と野菜」をつくり、本物の食を求める皆様にお届けしま
す。

【売木村へ足を伸ばしていただければ幸いです】
農業が有機栽培、減農薬無農薬、自然栽培という分野に移行することは世の中の流れ
であると同時に、南信州の豊かな自然環境と寄り添って生きていくための一つの答え
です。決して簡単な道のりではありませんが、ネットワークうるぎと村内外の仲間た
ちが一緒になって実現していくことが会社のミッションと認識しています。そして、
高原の米と野菜をみなさんにお届けして感動を分かち合いと思います。さらには、
「こんなにおいしい作物が採れる村ってどんなところ??」と思って売木村へ足を伸ば
していただければ幸いです。

膳師周一さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください