熊本県天草市

筒井洋充

天草農工房ふぁお

肥の豊・不知火,べにばえ,パール柑,天草晩柑,甘夏,八朔

【天草農工房ふぁおの筒井洋充です】
天草農工房ふぁおの筒井洋充です。東京都出身で、熊本県天草市に住んでします。農園は、天草の上島にあり、北には有明海の向こうに雲仙を望めるところにあります。

【45歳の時に果樹農家になろうと決意】
30代半ばから定年のない仕事・デスクワークではない仕事を目指して模索し、果樹農家になろうと45歳の時に23年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、2年間小豆島でオリーブ栽培を学びました。3年目に自分の農園を持とうと農地を探しましたが、果樹はなかなか難しく小豆島では農地を見つけられていませんでした。しかしオリーブでの縁から天草の生きた農地を借りられることになったため、天草へ来て不知火(デコポン)を中心とした柑橘で就農することにしました。

【デコポンの生産量は全国で一位の熊本県】
熊本県は柑橘栽培が盛んでデコポンの生産量は全国で一位です。天草は温暖であり、海に囲まれ潮風に包まれ、熊本の中でも柑橘栽培が盛んなところす。以前は甘夏が一世を風靡し、そのころに建てられた大きな農家の家は甘夏御殿とも言われています。その天草でも私の住む有明地区では、甘夏から不知火(デコポン)栽培に主体が移り現在に至ります。
こうした天草の中で運良く生きた畑を受け継ぎ柑橘の栽培をしていますが、不知火、肥の豊(不知火の改良品種)、べにばえ、パール柑が主力の品種で、僅かながら温州みかん、天草晩柑、晩白柚、甘夏、八朔、伊予柑も栽培しています。

【より良いものを目指して】
生産した果実の多くは市場流通での出荷となっておりますが、直接販売もスタートしています。直接お客様へお届けするからには「美味しい」と思っていただけるもの、安心して食べていただけるものを育てていきたいと思っています。まだ経験年数は浅いですが、天草の気候にも助けられ「美味しい」との声は聞かれるようになって来ていますが、より良いものを目指して工夫と探求を続けていきたいと思っています。

【化学肥料を使用しない栽培方法にもチャレンジしたい】
現在は慣行農法であり、農薬・肥料を使用しての栽培ですが、最小限に留めるよう心がけいます。今後は農薬や化学肥料を使用しない栽培方法にもチャレンジしてみようと準備をしています。こうしたことを通じて環境への配慮も忘れないでいようと考えていきたいです。
また残る人生もそう長くはないものの、栽培品種についても不知火(デコポン)中心から柑橘類での多品種化を図り、さらには柑橘以外の果樹にもチャレンジしていきたいと思います。

【天草へおいでください!】
園の名称は農園ではなく農工房としているのは、加工商品の展開、許可も取得した農家民宿、農業体験型サービスの提供なども考えてのことです。既に取組んでいるものもありますが、今後はお客様のご意見も伺いながらブラッシュアップしていきたいと思いますので、商品のご購入とともにぜひ天草へおいで頂きたいです。

筒井洋充さんの出品商品はありません。