山形県西村山郡西川町

渋谷 浩

山里農園しぶや

タケノコ、ワラビ、孟宗、カボチャ、クルミ

●あいさつ
山里農園しぶやの渋谷 浩です。山形県出身。
月山の麓、雪国日本一宣言を行った西川町の山里の小さな農園です。
山間を利用したネマガリタケやワラビ、家の周りで作付している野菜
を道の駅直売所や移動販売を行っている従弟に卸しています。また、山菜の塩蔵や天日干し加工に置いても、令和3年6月1日より営業届出制度が施行されるため、食品衛生責任者の資格を取得しました。
●農家になったきっかけ
会社員退職を機に、他界した父母が、40年掛けて整備したタケノコ山やワラビ山を無駄には出来ないと思い、引き継ぎました。父母は山菜の他、自家製野菜を直売所に出していた事もあり、これも合わせてやってみようと手伝った時の経験や、近所の熟練農家大先輩たちから教わりながら、直売所に出荷できる様になりました。でも、何十年と携わってこられた大先輩達の作物は立派です。いつか越える事が出来るよう頑張っています。
●生産物にかける思い
農家一筋の父母の作物には、毎年買って頂ける常連の方々がおり、予
約の電話も頂いていたようです。良い品質で新鮮な物を食べて貰いた
いという姿勢も引き継いで、作物を育てていきます。
自分で作って解ったのは、作物はかまってあげないときれいに育って
くれません。逆に、手を差し伸べれば伸べるほど美しく美味しくなっ
て応えてくれます。中にはへそ曲がりもいるようですが・・・。
●目標・夢
農薬や化成肥料を極力使用せず、安心して食べられる作物が育ちやすい畑、庭の草木を眺めて癒されるように、畑に立って癒される美しい畑を作りたい。