愛知県田原市

中川貴文

パッチファーム

旬の彩り野菜各種

◆お客さまへのごあいさつ◆
─ ─ ─ ─ ─
パッチファームの中川貴文です。
愛知県の南端、渥美半島で農業を営んでいます。
様々な品種の野菜が彩りよく並んだ、
パッチワークの様な畑をつくりたいなと思い、
パッチファームという名前にしました。
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
─ ─ ─ ─ ─
渥美半島は沿岸を流れる黒潮のおかげで一年を通じて暖かく、
太平洋側でもあるので晴れの日が多いです。
農業も畜産も盛んな地域です。

この自然豊かな渥美半島で内で得られる
【牛・豚・鶏などの堆肥や、木材チップ、海藻、米ぬかやもみ殻など】を使ってAll渥美半島産の循環型農業を目指しています。
栽培期間中は無農薬&無化学肥料で野菜を栽培しています。

おいしいものを作りたいという思いは生産者共通のものですが、
第三者からの評価を得るために品評会に出品しています。
野菜ソムリエサミット(ヤサイソムリエ協会主催)では、
葉にんにく、かぼちゃ、里芋、ナス、スナップエンドウ、かぶ、人参などが金賞や銀賞を受賞しています。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
─ ─ ─ ─ ─
「おいしい・たのしい・うれしい」をキーワードとしています。
食べて「おいしい」を前提として、
カラフルで見て「たのしい」や栽培期間中無農薬・無化学肥料でもらって「うれしい」を表現していきたいです。

野菜はスーパーの店頭で並んでいる姿が全てではありません。
例えば、私たちの小松菜は「間引き菜→(普通の)小松菜→菜花」と3つの姿があります。
小松菜の「間引き菜」も「菜花」もとても美味しいのですが、手間や鮮度の問題でスーパーには並びません。
このような直売ならではの野菜の姿や味を是非楽しんで頂ければ嬉しいです。
─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
─ ─ ─ ─ ─
6次産業化や観光農園化ができたらいいなと思います。

どうしても出てしまう出荷出来ない野菜をパンなどの加工品で使いたいです。

また、お客さんが年間を通じて立ち寄れるような農園にしたいと思います。
─ ─ ─ ─ ─