愛知県新城市

鈴木克也

鈴木製茶

新城紅茶アールグレイ、新城紅茶ティーバッグ、新城有機ほうじ茶

◆お客さまへのごあいさつ◆
─ ─ ─ ─ ─
鈴木製茶の鈴木克也です。愛知県新城市作手(しんしろしつくで)出身、新城市在住です。

祖父の代から続く茶農家で、自分は、三代目になります。

標高500メートルの山間地で農薬、化学肥料を一切使用しない有機栽培茶の

栽培、製造、販売をしております。

─ ─ ─ ─ ─

◆農家になった経緯◆
─ ─ ─ ─ ─
幼い頃から、茶畑で働く祖父と、父の背中を見て育ちました。茶工場で製茶をする、祖父と父の姿や、茶を作る時の香りは、今も記憶に残っています。地元高校を卒業後、自分も後を継ごうと思い、

18歳~2年間お茶処、静岡県の野菜茶業研究所でお茶の栽培や製造についてを、学びました。

その後、茶の流通を学ぶ為、京都宇治の茶問屋へ修行へ、

3年間、煎茶や抹茶の合組(ごうぐみ・ブレンド)を担当し様々な経験をさせて頂きました。

2012年に、実家の愛知県新城に戻り、鈴木製茶にて、家族とともに、有機栽培茶の栽培から加工・販売を行っています。 
─ ─ ─ ─ ─


◆生産物・地域の紹介◆
─ ─ ─ ─ ─
新城市の中でも、当園が位置するのは、標高500メートルの山間地の作手(つくで)地域
朝晩の寒暖差が大きく、朝霧のたちこめる、お茶の栽培に適した気候です。

農薬化学肥料は、一切使用せずに、土地の恵みをいただきながら、大切にお茶を育てています。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
─ ─ ─ ─ ─
当園のロゴマークになっているフェニックス(不死鳥)は、新城と鈴木のイニシャル「S」

がモチーフになっています。新城作手の土着的な生命力とそこから生まれるお茶を、ふわりと伝えたいという想いをこめました。またフェニックスは、伝承の意味もあります。

祖父と、父の想いを引き継ぎ、地域を大切に、また新しい事へのチャレンジもしていきたいと思います。

─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
─ ─ ─ ─ ─
新城の茶をより多くのお客様に、知ってもらう為に、様々な種類の有機栽培茶(煎茶、抹茶、紅茶)

を栽培、製造し、安心安全で美味しい、お茶作りを徹底的に追求していきたいと思います。
─ ─ ─ ─ ─

鈴木克也さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください