岡山県和気郡和気町

長井智佐子

ながい農園

タマネギ、スナップエンドウ、夏秋ナス、秋冬白ネギなど

ごあいさつ
農業をやりたくて兵庫県宝塚市から岡山県和気町に夫婦二人で移住しほぼ10年となります。
子供たちが幼い頃、情操教育にと3年ほど貸農園をお借りしたことがきっかけです。
約30年IT業界でお世話になり、後半生は心豊かに、美味しく安全安心な食生活と、自然との共生を仕事にし、何か地方のお役に立てればという目標を持ってチャレンジを始めました。
 
栽培での想いと活動
当初5年は、自ら食べたい、また自信を持って出荷できる作物を作るべく勉強を重ねることを目標にしました。おかげさまで、公設市場出荷はもとより、数年前からは地元スーパー、百貨店、宅配事業者様からご注文を頂けるようになりました。
今も自ら、子供、孫にも食べさせたい作物栽培・出荷に勉強を続けております。
ここ数年は良き土には良き作物ができると仮設を立てて、善玉菌の多い土作りを目指しております。有機牛糞堆肥や米ぬか、チップを施用し栽培しております。悪玉菌をも殺す消毒をすると善玉菌も死んでしまうため消毒をすることなく良質な土のもと、吉井川水系の水と、岡山の太陽の恵を頂いた露地栽培をしております。
また、作物栽培の楽しさや地域の食文化の紹介を地元新聞社に寄稿させて頂き、地元大学の地方・地域活性を考える地域マネジメント学部の学生さんたちと共に勉強もさせていただいております。
 
夢と目標
自ら食べたい安全安心な作物を栽培し、農を生業とした若手農家が増えてくることを夢とし、農業で生計を立てていくモデル作りを目指して参りたいと存じます。ポケットマルシェ様での出品も私共のチャレンジに重要であります。