兵庫県宍粟市

安田優子

猟師の店 でぃあーず

鹿肉

●お客様へのごあいさつ  
猟師の店 でぃあーず の 安田太と安田優子です。
兵庫県明石市出身、兵庫県宍粟市在住です。
でぃあーずという名前は 英語で鹿のことをdeer(でぃあー)というので、響き的にでぃあーずにしました。英語は単数形も複数になってもでぃあーのままなのですが。
鹿による農林業被害が大きくなり、害獣と扱われている鹿を、ただ駆除するだけでなく、美味しく食べていただけるように迅速丁寧に食肉処理し、みなさまの食卓に届けたいと思っています。

●農家/漁師になった経緯
安田太 20歳を過ぎた頃から父親に連れられて、趣味として狩猟を始めました。
安田優子 夫に連れられて趣味として狩猟を始めました。
 
 夫婦の趣味として、猟期中の毎日曜日に猟場である宍粟市に通っていました。数年前に有害鳥獣駆除として猟期以外の期間も宍粟市に通うこととなり、宍粟市への移住を決意。
 宍粟市に移住してもサラリーマンでいると猟が出来ないと考えて、鹿の食肉加工業を起業し、職業猟師となりました。

●生産物・地域の紹介
宍粟市は市の約9割を森林が占め、とても綺麗な空気・景色の地域です。
しかし、逆に言えば、日本の中山間地が抱える問題がある所でもあります。
 増えすぎた鹿が里まで下りてきて、せっかく育てた農作物を食べてしまい、就農意欲を欠いた農家さん達は田畑を耕作することを辞め、耕作放棄地が増えるという悪循環に陥っている地域も少なくありません。そのため、狩猟期・有害鳥獣駆除期間を通し、増えすぎた鹿を個体数調整のために駆除をしなければならず、命を無駄にしないためにも駆除した個体を適切に処理し食肉にしています。
 鹿肉は脂身の少ない赤身のお肉です。脂身が少ない分、低カロリーで高タンパク。そして鉄分がたっぷりです。熱で固くなりやすいので、低い温度で調理するのがコツとなります。

●伝えていきたいこと・信念
 猟師として、自らが止め刺しを行い、止め刺しを行ってから、処理加工施設まで迅速に運び、食肉加工処理を行っています。
 家庭の食卓でも食べていただきやすいように、トリミング処理を行い、真空パックし、急速冷凍していますので、解凍時のドリップも少なく、解凍後すぐに調理に取り掛かっていただけます。
 臭い・固いと思われがちな鹿肉ですが、処理の仕方(加工所の)・調理の仕方でとても美味しく食べていただける食材です。
 鹿肉を身近に感じていただき、鹿肉が美味しいっていうことを伝えていければと思っています。

●今後の展望・夢
 農家さんが大切に育てられている作物が鹿等による被害にあって困っている時に、その加害個体を駆除し、農家さんの被害を最小限に抑えることの出来る猟師になりたいと思っています。