福島県会津若松市

長尾康大

長尾農園

長尾米 生専用人参

【~自然によりそった幸せを、あなたと共に~】
を合言葉に有機無農薬栽培を行っています。
福島県会津若松市出身、在住、長尾農園の9人兄弟の長男、長尾康大です。

長尾農園は福島県会津若松市で100年以上前から代々続く農家で26年前から有機無農薬栽培を行っています。すべての圃場で有機JAS認定を取得しており、ひとつひとつ丁寧に農作物を栽培しております。

【自衛隊員から農家に】
高校卒業後すぐ陸上自衛隊に入隊し19歳の時に災害派遣で、東日本大震災があり3月11日発災後すぐに派遣され津波被害の甚大な東松島市に派遣されました。その中でその被害を見て肌で感じ、何か地元のためにしたい、後悔しない生き方をしたいという思いを持ち、滋賀県にあるタキイ園芸専門学校(通称農業の東大)に通い国内トップレベルの農業を学びました。
その後、実家で100年以上続く実家で農業をしようと思い実家で父の元、次の世代に繋げる農業ということで、有機無農薬栽培を始めました。

【会津若松の恵みでつくっています】
福島県の会津若松市は、周囲を山に囲まれた会津盆地の中心にあり昔から米所、お野菜の美味しい所として知られておりました。理由としては寒暖の差が激しいので作物が甘くなる。
周囲を山で囲まれているということでミネラルが豊富な美味しい水がたくさんあり、お水が美味しい所はお米お野菜も美味しい。また、昔から農業の研究が進んでいて江戸時代にはすでに体系化され農家が学んでいました。そのため美味しいお米、お野菜が現在まで、受け継がれています。
その会津で、土と水の力を最大限生かし旨みを凝縮した化学肥料はもちろん有機肥料も使用しないで自然栽培で作ったお米が長尾米です。

【かっこいい野菜よりも美味しくて安全な野菜を】
収量は通常の約半分程度になりますが、とても味わい深い自然の美味しさがわかるお米になっております。また、種もこだわっており10年前から自分たちで美味しい種を採り続けています。
そして、お野菜も形や生産性にこだわることなく特に美味しさにこだわって栽培を続けています。不格好ですが、美味しく、安全、安心なお野菜を提供することができます。
おかげさまで国際米食味鑑定コンクール 有機無農薬部門 優秀賞受賞 会津で行われるお米コンテストでの入賞、その他全国各地で受賞しております。

【自然に負荷をなるべくかけない】
~自然によりそった幸せをあなたと共に~をコンセプトに、自然にこちらから寄り添い農作物を旬の時期に一番美味しい状態でご提供できるように心がけております。
また、自然に負荷をなるべくかけない栽培を行っており農作物中心、地球中心の栽培をしております。