神奈川県綾瀬市

峯尾昇汰

MineoFarm

トマト キュウリ 季節の露地野菜

★はじめまして★
はじめまして。神奈川県綾瀬市で主に施設栽培のトマト、キュウリを姉弟で作っている峯尾昇汰と申します。栽培管理を弟の自分が担当し、荷造りや出荷を姉に手伝ってもらっています。
都心からもほど近く、畑の周りは住宅地という都市近郊型農業で日々消費者のみなさまに「おいしい」と言っていただける野菜作りを目指しています。

★MineoFarmのこと★
曾祖父の代から農業を営んでいます。祖父の代から施設栽培を主として3月下旬~6月下旬までキュウリ、7月~8月上旬と10月下旬~1月上旬までトマトといった栽培をしています。耕作面積はハウス20a、露地畑15aと決して広くはない面積ですが、広くないからこそ丁寧かつ細かく手入れができるといったメリットがあります。

★なぜ農業をはじめたのか★
私にとって幼いころの遊び場は畑でした。畑で泥遊びをしたり祖父母が育てた野菜の収穫の手伝いをしたりしているうちにどんどん農業という魅力に惹かれ「いずれは自分もやりたい」と小学生の頃からそう思うようになりました。中学卒業後、地元の農業高校へ進学し本格的に農業を学びました。その後もそのままでは飽き足らず東京農業大学短期大学部へと進学しより専門的に農業の学びをしました。短大卒業と同時に自家就農し現在23歳、4月で就農4年目となりました。毎日、毎年が新しいことへの挑戦でまだまだ分からないことばかりですが消費者のみなさまに喜んでいただける野菜作りに日々励んでいます。

★栽培へのこだわり★
循環型農業が重視される昨今、MineoFarmでは化学肥料だけではなく有機質の堆肥や肥料をしっかりと使って環境にもヒトにも優しい農業を目指して栽培を行っています。

★キュウリへのこだわり★
キュウリは鮮度が命です。毎朝早朝より収穫し、その後すぐ鮮度が落ちないようにパッキングして出荷いたします。採れたて新鮮でポリポリと音のするキュウリぜひ召し上がってください。

★トマトへのこだわり★
できるだけ水やりを控え、うま味やコクの詰まったトマトづくりを目指しています。樹上で完熟させてから真っ赤になったトマトを収穫しています。通常スーパーでは流通の都合上真っ赤なトマトは出回りにくいです。ぜひ樹上完熟でうま味、コクの詰まったトマトを召し上がってください。