神奈川県秦野市

桐山 清

有限会社 環境クリエイト

キウイフルーツ そば粉及びそばの実

【還暦を過ぎて益々意気軒高な桐山清と申します。】
私は昨年、還暦を迎えたことを機会に農業者として再スタートしました。
現在、生産委託を受けた畑でそばの三期作とキウイフルーツの生産を行っていますが、その他に地元有志の会でお米と大豆の生産も行っています。

今から6年前、地元町内の有志で作った「戸川三屋鎮守の里を育む会」で会長となり、事業の一つとして遊休地を活用した水稲耕作を始めました。その後、雑草が生い茂る遊休地や管理が出来なくなったキウイ畑等の耕作依頼が舞い込む様になりましたが、会として取り組むには負担が大きくなる為、一念発起して昨年より私個人で取り組むことにしました。そして今年2月には認定農業者として認証を受けています。

【「そばの街秦野」の復活を目指して】
秦野市は明治初期よりたばこの耕作が始まり、全国でも「技術の秦野」として名産地の一角に名を馳せて来ました。そしてこのたばこの裏作としてそばを始めとする複数の副産物も耕作されが、特にそばは近隣の人達からも「そばの街秦野」と認められる程の特産物になりました。しかし、秦野市内から専売公社が撤退すると共にたばこ耕作の歴史が終わり、特産物であったそば耕作も下火になり、現在秦野産のそば粉を通年使っている蕎麦屋は無い状態です。

そばは種を蒔いて二ヵ月強の間に白い花を咲かせ実を実らせ収穫となります。
一般的にそば耕作は年一回ですが、当農園では一年間に三回耕作しますので、風味のある新そばを7月、9月、11月に楽しむことが出来ます。そして私は、そばの白い花で多くの人の心を癒し、美味しいそば粉で多くの人々に幸せを届けて「そばの街秦野」の復活を目指していきます。

【人々が集う街づくり】
そしてキウイフルーツは、前任者の生産に対する熱い思いや技術をしっかり継承して、甘くて美味しいキウイフルーツの生産を目指して日々研究を重ね、多くの人々に幸せを届けていきます。
これからの農業は多くの人々に足を運んで頂き、耕作や加工を肌で感じて頂きながら食すことが大切だと感じています。
その為には発信基地として、農産物の直売所やそば打ち体験・蕎麦処等を併設した小さな道の駅的な施設を創り、多くの人に体感して頂きたいと考えています。

桐山 清さんの記事一覧 - 3件

農家直送のそば粉で初めてのそば打ち 失敗しない3つのポイントがわかった!

「そばってどうして『打つ』っていうんだろう?」退職したお父さんたちの新たな趣味に選ばれることも多いそば打ち。自宅でおいしいそばをいただけるのはうれしいものです。それにしても、なぜそばは「打つ」?そんなことを考えつつ、そば打ちに初挑戦することになりました。今回は神奈川県秦野市の桐山清さんの「はだの新そば粉」をお取り寄せしました。新そば……絶対、良い香りに違いない!たっぷり1㎏。ほんのり薄緑色です。米・穀類のリアルタイム出品一覧はこちら  目次        ここに目次が表示されます。     調べるほど高くなる…そば打ちのハードルとにかく初めてのそば打ちなので、インターネットで打ち方のコツを探し求めました。「自宅でもかんたん」「今すぐできる」などの方法が出てくる一方、「うまくまとまらず、そばにならなかった」「茹でる時、そばが切れる」とネガティブな情報も。まずは、落ち着いてポイントをまとめてみます。①なによりまずは「水回し」「水回し」とはそば粉に水を加えること。このタイミングによりそば粉がまとまらなくなることがあるようです。いちどに入れず、2〜3回に分けること。②乾燥に注意そばが切れる原因のひとつは乾燥だそうです。包丁で切ったあとも乾かないようにラップをしておく。③手早くスピーディーにはじめる前に、粉・水・道具の準備をしっかりしておく。そば打ちの途中で間があかないように。「十割そば」は憧れですが、初心者は「二八そば」(そば粉八割・つなぎの小麦粉二割)で修業します。道具は家にあるものです。大きめのボール、計量カップ、めん棒、パン捏ね用の帆布、包丁。これだけ用意すれば大丈夫でしょう。準備万端! いざ、そば打ち!!そば粉と小麦粉を量り、ボールへ。よく混ぜます。混ぜムラがないように水を少しずつ、全体に行き渡るように入れて、まとめていきます。この感触、何かに似てる?パン生地を捏ねる時と一緒ではないですか! そば、そば……と緊張していましたが、同じ粉もの。ふっと肩の力が抜けました。この時点で、ふわっとそばの良い香りが。まとまってきたら、しっかり捏ねます。しかし次第にパンの時とは違う事態が。とにかく、硬い! 力がいる。どこかに打ちつけたいくらい……おや? もしかして、そばを打つというのは、ここからきているのでは?こんな感じでいいのかな……というところで、伸ばすために移動します。パン捏ね用の帆布に軽く打ち粉をしておきます。円錐状になったてっぺんをぎゅっと押しつぶすようにして、平らにします。そして、ひたすら伸ばします。全体が四角くなるように伸ばしていくのがポイント。なかなか四角くならない……伸ばしたところで、まずは上下に半分に、横方向は左右から1/3の位置でたたみます。できるだけ細く切ります。もう少し薄く伸ばせばよかった……。なんとか、そばらしくなりました。麺としての形は整っているようです。すぐに乾燥防止のためにラップをかけて、茹でましょう。完成!ちょっと太めなのは、ご愛敬。そばつゆにつけずに噛みしめると、香りと甘みが口の中に広がります。どんなに不格好でも、自分で打ったそばはウマい! 本当は良質のそば粉だから、ですが。晩酌はそばづくしで初めてのそば打ちが成功に終わりほっとしましたので、夜はそばづくしで晩酌と相成りました。そば味噌そば味噌は、正式にはそばの実で作るものですが、なんとかそば粉で出来ないか挑戦してみました。味噌と砂糖、みりん、酒を練り上げたところに、炒ったそば粉を投入。そば粉の分量が少し多かったため、仕上がりが固くなってしまいましたが、味噌とそば粉の甘みがちょうどよく合って、日本酒がすすみます。そば豆腐そば豆腐は、そば粉と片栗粉を水で溶いて加熱、とろみがついたものを型に流して冷やしたもの。本来はくず粉を使うレシピが一般的なようですが、片栗粉で代用しても、十分プルプル、もちっとした食感。わさびを添えていただきましたが、柚子胡椒でもおいしいでしょう。そばがきそば粉料理の王道、そばがき。そばつゆを器に張って。そばとは一味違うやわらかさは、胃腸が疲れている時でもよさそうです。最後にデザートも。そばぼうろです。こちらもそば粉、砂糖、卵、すりごまを粉っぽさがなくなるまで混ぜて、焼くだけの簡単おやつです。* * *初心者でも、特別な道具をそろえなくても、おいしいそばを打つことが出来ました。コツは焦らないこと。そのためには、始める前の準備をしっかりしておくこと。打ち始めたら躊躇しないこと、でしょうか。「失敗してもいいや」くらいの気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょう。ちなみに、なぜ「そばを打つ」というのか。昔、まとめたそばの生地を木槌で「打つ」行程があったことから、あるいは、中国で餅や麺を作ることを「打つ」と表現したことからきているそうです。なるほど、やはり生地は確かに硬かったのでした。実際、手を動かしてみて実感できることがあるものですね。桐山さんのそば粉の出品はこちら*2月22日現在は「新そば粉」ではなく「そば粉」の表記となっています。桐山さんによると、収穫してから3ヶ月以内ものを「新そば」と表示しているのだそう。秦野産そば粉Writerわたなべひろみ1968年、北海道生まれ。設計デザイン、商品開発などに携わったのち、宣伝会議 編集・ライター養成講座 上級コース 米光クラス第7期受講。修了後ライターとして活動。現在、札幌国際芸術祭2017【大風呂敷プロジェクト】に運営サポートとして参加中。

今が旬

[バックナンバー]新着出品ダイジェスト(2018年2月17日〜2月23日編)

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材。その最新出品情報をお届けする「新着ダイジェスト」です。今年も三春さんの「いぶりがっこ」たべる~!「いぶりがっこ」とか「いぶり大根漬け」と呼ばれる秋田県の伝統食をご存知でしょうか。その特長は、燻製の香りと発酵の香りが混ざった独特の味!ごはんのお供にも、お酒のあてにもぴったり。最近はいぶりがっこにクリームチーズをのせてワインのおつまみとしてメニューに加えているお店もよく見かけますね。そんないぶりがっこを、秋田で作っている女性2人組がいます。「三春と歩のがっこやさん」という屋号でポケマルに出店中の西宮美春さんと村岡歩さん。秋田といぶりがっこが大好きな2人は、30代になったばかりの頃に、「自分好みのいぶりがっこがない!」という軽いノリで農業に新規参入。周りの人々に助けてもらいながら苦労の末に、念願の「自分たち好みのいぶりがっこ」を商品化した、という異色な経歴です。毎年12月に始まるいぶりがっこづくりは、そろそろ漬け終わりの時期のはず……と思ってたら、こんな出品が登場しました!今日があなたのがっこ記念日♡”米ぬかの中に入った状態のいぶりがっこをお届けします。そう!それはあなたがいぶりがっこの樽上げ日を決めれちゃうんです。味見をしてまたぬかに戻して数日間置くのもよし!何段階に分けて食べ比べするのも面白いです!出したて、数日置いたものでも風味も全く違うんですよ!それを楽しめるのはこの商品の特権です♪(商品説明より)”なんだかワクワクして、私注文しちゃいました。樽上げ楽しそだねー。(関連記事:今を逃すと次は来年!?いぶり大根漬けの美味しいウワサ(2017/4/11))おっき~い!土佐文旦今が旬まっさかりのカンキツに、BIGな存在感の文旦が登場~!生産者は、福岡県の能古島(のこのしま)のミカン農家の3代目・久保田勝揮さん。お祖父さんが開墾したというミカン山には10種類以上のカンキツ類が育っているのだとか。人口700人の、小さいけど大自然がある島。豊かな緑と吹き抜ける海風に育まれのびのびと育った久保田さんがそだてた文旦。しっかりとした果肉とすっきりとした味わいは癖になること間違いなしばい。おいしさ重量級!ぶんたん3kg家庭用【お試し】久保田農園特選全部セット【みかん食べ比べ】能古島100%甘夏マーマレード香り爆発!ジューシー伊予柑4kg家庭用旬は一瞬!フルーツかんきつ◎超特大八朔は和歌山県の吉瀬雄也さんから、量販店では見ることのできないびっくりサイズはお供え用、鑑賞用にもお使いいただけます。もちろん食べても大満足!!びっくり! 超特大 八朔 6玉◎味は確か!鹿児島県の池元航さんの不知火が、訳あり価格で登場です。糖度が高く、コクのある不知火がたっぷり入っています。贅沢にジュースにしてもいいですね♪【訳あり】獅子島産 不知火 訳あり4.5kg【訳があったっていいじゃない】【糖度推し!】獅子島産 不知火4.5kg最高糖度19.9!いちご◎朝摘みとちおとめは栃木県の吉澤薫さんから。小粒サイズでジャムづくりはいかが?朝摘み とちおとめ小粒ちゃん朝摘み 栃木のいちごとちおとめキウイ◎甘さと酸味が楽しめるキウイフルーツは神奈川県の桐山清さんから。栄養価の高いキウイは「フルーツの王様」と呼ばれているそうですよ。秦野産キウイフルーツ漁師さん直送!◎1匹丸ごと!!北海道の高野粋さんの人気の茹でタコ。そのままいただけるのはもちろん、タコしゃぶ、タコ唐揚げ、タコ飯など色々な方法でお楽しみ下さい。小樽産 茹でタコ 3.7㎏(冷凍)小樽産 茹でタコ 2.8㎏(冷凍)◎お家でお寿司屋さんごっこができる!さばいてお届けの寿司ネタセットは兵庫県の山崎一馬さんから。漁師さんの言う「身が活かった」状態とはどんなものか?味わってみたい!さばいてお届け!活け越しお魚の寿司ネタセット<ダブル>【明石海峡岩屋港発❗】お野菜・お米お野菜◎福島県の五十嵐利昭さんから期間限定、真冬の極寒に耐えて育った寒締ほうれん草の登場です。凍らないために糖分を蓄えるので甘いんです。寒締めほうれん草肉厚の"寒締め”ほうれん草◎熊本県の岩橋広孝さんから初出品!清流の水をたっぷり吸って育ったほうれん草です。緑黄色野菜の王様 ほうれん草◎会津若松の大家族農家・長尾康大さん一家がお届けするのは、農薬・化学肥料不使用のお米と雪下にんじん。会津の自然の恵みが詰まっています。11人家族が育てる自然栽培の長尾米 受賞歴あり11人家族が育てる自然の旨さがたっぷり雪の下にんじん◎栗又孝行さんの霞ヶ浦名物しゃきしゃきレンコン、おいしすぎて大口の購入リクエストがあったそうな。今期の販売期間はあと1か月くらい。栗又さん、ラストスパートです!レンコン 6kg(大口注文用)<お試しサイズ> レンコン 1kg◎茨城県の栗崎宏幸さんの自然栽培じゃがいも。1~2月に収穫したものとのことで、「甘くしっとりとした食感」とのこと!自然栽培のじゃがいも 5kg 農薬、肥料、堆肥不使用自然栽培のじゃがいも 1kg 農薬、肥料、堆肥不使用◎キュウリアートも楽しめる、愛知県羽佐田裕紀さんのキュウリセット。規格外と規格品、「味に違いはあるの?」の疑問もすっきり解消できることでしょう!ハッシーきゅうり食べ比べセットおこめ◎千葉県の萩原宏紀さんが育てる幻の米「多古米」。その美味しさと生産量の少なさから、地元で消費されることが多く、市場にはほとんど流通しないそうです。【幻の米】多古米コシヒカリ(特別栽培米)玄米5kg 平成29年産【幻の米】多古米コシヒカリ(特別栽培米)精米5kg 平成29年産【幻の米】多古米コシヒカリ(特別栽培米)精米3kg 平成29年産◎400年の歴史を持つ宮城県の農家・鈴木豊さんのお米2品種のセット。ササニシキとひとめぼれそれぞれ2kgずつあるので、その日のおかずに合わせて炊く楽しみがありますね。400年農家が作る 農薬・化学肥料不使用栽培米 白米2kg×2◎愛知県の末松園子さんはお試しサイズのお米をご用意。田んぼアート後の田んぼで収穫された、いろんなお米MIXの「田んぼアート米」が気になります。お試しサイズ 減農薬にこだわった 稲穂のしずく1キロお試しサイズ 田んぼアート米300g×1袋たまごとハチミツ◎茨城県の大久保芙有花さんから、烏骨鶏卵が特別価格で登場です!栄養満点、女性にも嬉しいこといっぱいの烏骨鶏卵が、超〜お買い得です!お一人一回限りの限定です。烏骨鶏卵の良さを知ってもらいたくて特別価格でご提供(20個)◎愛知県の末松園子さんからはハチミツも大量出品。お花の種類ごとに異なる味わいを楽しめますよ。食べ比べにぴったりのセット非加熱生はちみつスティック4袋セット(くろがねもち、あかしあ、はぜのき、みかん)非加熱の生はちみつ175g 3本セット(くろがねもち、そば、はぜのき)小さめサイズ非加熱のはぜのきの生はちみつ175g非加熱のあかしあの生はちみつ175gくろがねもちの非加熱の生はちみつ 175gたっぷりサイズくろがねもちの非加熱の生はちみつ 250g非加熱のそばの生はちみつ250g非加熱のあかしあの生はちみつ550gくろがねもちの非加熱の生はちみつ 550g加工品◎人参100%!?豊かな甘味と爽やかな香りが自慢の人参ジュースは千葉県の住田学さんからの登場です。人参以外何も入っていない人参本来の味をお楽しみ下さい。人参100%ジュース◎神奈川県の桐山清さんから香りと甘味のあるそば粉!この機会にそば打ちに挑戦してみては?秦野産そば粉◎福島県の百目鬼(どうめき)昭徳さんのお野菜を使ってつくったおしゃれドレッシング。料理研究家さんが考案したレシピ集の写真が素敵です。完熟トマトのぜいたくドレッシング&豆乳青じそのまろやかドレッシングの2本セット今週は以上43品の出品でした!最新の出品一覧はこちら(文/ポケマル編集部)<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2018年1月のマガジン記事一覧はこちらから2018年2月のマガジン記事一覧はこちらから

今が旬

[バックナンバー]新着出品ダイジェスト(2017年12月16日〜12月22日編)

日本全国の農家さん漁師さんから直送で届く旬食材。その最新出品情報をお届けする「新着ダイジェスト」です。お正月、お餅も一味違うものはいかが?さて、いよいよ2017年も終わりを告げようとしています。今年が終われば、そう、お正月です。すなわちそれはご馳走の日々の到来を示すのです!!ご馳走というとお肉やおせち料理に目がいきがちですが、2018年はお餅にこだわってみてはいかがでしょうか?秋田県の菊地晃生さんが出品している自家製のお餅は市販のツルツルしたお餅と違って、噛み締めるたびに旨味のあふれるお餅なんです。お餅は玄米・五分・白の3色餅だけではなく、自家製大豆で作ったきな粉のセットもあるんですよ。年始から、さっそく生産者さん自家製のご馳走を堪能してください!つぶつぶが香ばしい「きな粉」【特注セット品】 杵でついた餅ときな粉のお試しセット+きな粉4個作り始めて20数年。やっとの思いでできた自慢の"自然薯"熊本県の桑原崇さんから、自然薯が登場しました!何かに取り憑かれたように自然薯を作ってきた父。今では毎年冬になると自然薯を楽しみに待ってくれている方が沢山いるそうです。桑原さんはそんな父の意思を引き継ぐことを決め、誰にも負けない粘り気をもった美味しい自然薯を作っています。古来より漢方としても使われてきた自然薯パワーで、2017年の終わりを乗り切りましょー!くわはら農園の自然薯1.5kg(2〜3本)くわはら農園の自然薯2kg(2〜4本)くわはら農園の自然薯1kg(1~2本)年末セール中です!◎鹿児島県種子島の生産者さん、濱川和成さんからスナップエンドウが登場!ワケあり品ですが今回限りのセールです訳あり種子島産スナップエンドウ◎【訳あり】福岡県の古森憲さんから、天然ミネラル塩で育てた安心・安全・美味しいこだわりのお米が訳ありお買い得ですよ〜【訳アリ】天然ミネラル塩のお米小さな竹美人お試し2個セット◎大阪府の"元シェフ"農家小松勝治さんが育てたハーブを使って、オリジナルレシピで作った無添加生ソーセージがスーパーSALEです!ハリラスープもぜひ!無添加生ソーセージ10本 自家栽培ハーブをオリジナルレシピで加工【スーパーセール】無添加生ソーセージ2キロ受付25日までハリラスープ濃縮2倍タイプ純植物性ハリラスープ濃縮2倍タイプ純植物性◎【年末SALE】利益度外視の色々サイズみかんが松坂進也から登場!みかんを安くご購入頂いたぶん、別の農作物をぜひとのこと【年末SALE!】訳あり有田みかん4.5kg[年末SALE!]訳あり有田みかん9kg今年最後のフルーツ?◎岩手県の北田学文さんから、濃厚サンふじが登場。葉をとらない栽培方法によって、蜜入り多汁で見た目以上の重量感!減農薬特別栽培 濃厚サンふじ 家庭用 5㌔◎和歌山県の堀内宣隆さんから、本年度最後の中生有田みかんが出品。早生みかんより長持ちして、少し置くと甘みが増すそうです。本年度最後の品種 中生みかん 有田みかん5kg◎毎回大人気で出品されるとすぐに売り切れてしまう「オーガニックレモン」が再登場。神奈川県の菅原亜郎さんから出品。フル・オーガニックレモンAlineフル・オーガニックレモンBline◎山形県の丸山祐輝さんから無添加リンゴジュースが登場。生食でも食べることができるりんごを絞った100%ストレートのジュースです!【山形県朝日町産】旬の「サンふじ」セット(3個+ジュース2本)【山形県朝日町】無添加100%リンゴジュース6本セット年末年始のご馳走は鳥とお魚もおすすめ!◎数量限定!骨つきモモ肉でクリスマスや年末年始の食卓を盛り上げてください。広島県横山慎士さんより出品。数量限定!クリスマスや年末年始に向けての骨つきモモ肉◎平飼いの自家配合の餌で育った鶏肉が兵庫県の市原忠士さんから登場。濃厚な味わいが自慢です。鶏肉 ほんものかしわ Lサイズ◎漁業の現場から食卓へ、イノベーションセットが登場!青森県の漁師高森優さんから、市場に出ない珍しい魚をお届けしてくれます。全ての命に輝きを!都市の食卓でイノベーション!現場のリアルセット!今週も盛りだくさんの根菜!と葉物も少々◎自然豊かな福島県糸島市で育った自慢のニンジンが山口章さんから登場。甘みのしっかりしたニンジンジュースが作れますよ〜。無農薬人参 ジュース用(無選別)◎先週の新着ダイジェストでも取り上げた、岩手県の徳田慎太郎さんの干し芋。今回は”干し芋専用品種"である"たまゆたか"を使った干し芋です!まとめ買いセットもどうぞ。天日仕上げ 昔懐かし黒い干し芋たまゆたか 五代目 徳田慎太郎定番 数量限定販売[おまとめ買いセット]天日仕上げ 昔懐かし黒い干し芋たまゆたか 五代目徳田慎太郎◎そのままかじって食べられる!栃木県の加藤美岐さんから根菜セットが登場。葉っぱは炒め物や天ぷらなどにどうぞ金美人参小カブニンジン(2種類)ミニ根菜セット◎スーパーのジャガイモの品種はごく一部。兵庫県の芝田琢也さんから、「ニシユタカ」と「アイノアカ」の食べ比べセットが登場。【医農野菜シリーズ】秋の新ジャガイモ食べ比べセット◎注文後に収穫!寒さが増してチョー美味しくなった大根です!岩手県の佐藤勧さんから。ササニシキも売ってますよ〜スッチャンファームの美味い大根あります!岩手県一関花泉町産 減農薬栽培 ササニシキ 1キロ◎宮城県東松島の今関裕己さんから、おっっっきな白菜と冬季にしか食べられないちぢみほうれん草が登場。東松島市産 白菜【東松島市】発祥の地!やもとのちぢみほうれん草 4ついり!使いどころいろいろ!◎茨城県の大久保芙有花さんから、放し飼いでのびのび育った鶏さんの栄養たっぷり卵。そしてその卵を使った米(マイ)マヨネーズが登場です。自然の中ノビノビと放し飼いで育った鶏が産んだ卵(160個)自然の中ノビノビと放し飼いで育った烏骨鶏の卵(40個)自然の中ノビノビと放し飼いで育った鶏が産んだ卵(40個)米まよねえず2本セット米まよねえず3本セット烏骨鶏卵プレミアムヘルシーマヨネーズ2本セット烏骨鶏卵プレミアムヘルシーマヨネーズと米まよねえず3本お試しセット◎各メディアで取り上げられた幻の米、緑米。そんな緑米を使った栄養と香ばしさたっぷりの米粉。静岡県の渡辺祐一さんから出品です。唐揚げやパン、お菓子等に! 2017年産【緑米】玄米粉 200メッシュ 2kg◎神奈川県の桐山清さんから、秦野盆地の気候風土に育まれたそばの確かな香りと甘みを漂わせた「新そば粉」と「そばの実」が登場。はだの新そば粉そばの実はだの新そば粉2袋セット◎福島県会津の大友佑樹さんから、麗夏トマトの加工品をまとめてギフトセットが登場。贈り物にぜひ!ファーム大友 ギフトセット◎福島県の吉田睦美さんから、平飼いでのびのび育った烏骨鶏の卵、略して「うこたま」が登場。うこたまポケマル29年度産最後のお米?◎福井県の斎藤貴さんから、コシヒカリ玄米が登場!すっきりとした美味しさで、飽きずに食べられるお米です。毎日おいしくコシヒカリ玄米5kg 【29年産】今週の新たな野菜セット◎畑から直送するから鮮度が違います!新鮮野菜おまかせセットが茨城県の笹島具視さんより出品。季節ごと旬の奥久慈野菜新鮮おまかせセット◎南国ならではの野菜がたっぷり詰まった野菜セット。沖縄県の新垣裕一さんから登場です。沖縄産無農薬野菜セット(S)80サイズ沖縄産無農薬野菜セット(L)100サイズ沖縄産無農薬野菜セット(M)100サイズ今週は以上の54出品でした!まだまだあります!最新の出品一覧はこちら(文/上口巧)<関連記事>これまでの新着ダイジェストはこちらから2017年11月のマガジン記事一覧はこちらから2017年12月のマガジン記事一覧はこちらから新着情報をメールでチェック!ポケマルメールマガジンのバックナンバーはこちらから

今が旬