茨城県つくば市

神山公平

つくば東風農園

とうもろこし・はくさい

■ 農園名は何て読むの?
 つくば東風農園の神山公平と申します。早速ですが、読みにくい農園名ですよね。とうふう?ひがしかぜ?はるかぜ?はい!正解は『つくばこちのうえん』と読みます。
 東風とは春を告げる風のことで、野菜を食べて季節を感じて欲しい、野菜を通して大切な人たちに季節を届けたいという想いから『東風』という言葉を選びました。

■ 農園はどこにあるの?
 私らの農園は茨城県つくば市という所にあります。つくば市は秋葉原から電車(つくばエクスプレス)で50分ほどの関東平野のど真ん中に位置し、北に筑波山、東に霞ケ浦、西には鬼怒川と小貝川があり、周辺に多くの自然が残る街です。農地は市の中心から車で15分くらいのところにあります。

■ どういう野菜を栽培しているの?
 私らは代々この地域で農業を営んできました…なんてことはなく、たまたま引っ越したつくば市で、たまたま研修先が一緒で、たまたま就農時期が近かった、という幾つもの偶然が重なった結果、つくば市で新規就農しました。
 このような経緯なのでゼロから農地やトラクターや機械類を少しずつ集め、現状の農地と設備でできる形の農業を始めようと考えた結果、露地で白菜ととうもろこしを慣行栽培で行っています。
 作物にはそれぞれ栄養が必要なタイミングがあります。その時にしっかりと栄養を与え、栄養失調や肥満にさせず、健康な状態で育ってもらう。また、雨が欲しい時に雨が降らなければ、作物に水を与えてストレスを軽減させる。必要な手間をかける一方で、どうしても病害虫が発生することがあります。その場合に、農薬を散布して病害虫の害を予防または最小限に抑え、収量の低下をできる限り抑えます。必要な分の化成肥料や農薬を使って作物を健全に育て上げること心がけて栽培を行っています。

■ 皆様にお伝えしたいこと
 私たちは現在アラフォー男子二人で農園を切り盛りしています。営農体制も万全ではないし、農業経験もまだ10年弱と息の長い農業界ではまだ新人の部類です。ですが、『おいしい!』と感じる野菜を育てることにはプロとしての自信と責任を持っています。
 農園キャッチフレーズ『やさいを楽しむ』は野菜に関わる人すべてに喜んでもらいたいという想いを込めてつけました。季節を感じる野菜を食べて、私たちと一緒にやさいを楽しんでみませんか?

神山公平さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください