岐阜県加茂郡東白川村

大西紘記

自然農縁 月とたね

うるち米・もち米

【はじめに】
山奥の自然豊かな田舎で、
お米をつくれることに心から感謝いたします。
『ありがとうございます』

開拓したこの地のご先祖様たち。
何世代にも渡り暮らし続け、
自然・里山・農地を守り続けてきた
地域の方々のおかげさまです。
心より感謝いたします。
『ありがとうございます』

【想い】
東日本大震災後、
生き方・暮らし方を見つめ直しました。

自分と向き合い続け、見つけた生き方は、
「自分を大切に、自然とともに生きること」
心豊かな時間を大切にしています。

宇宙や自然のエネルギーを活かしたお米つくり。

暮らし方・生き方・お米つくり・お米たち
とご縁のつながる方々へ
幸せや豊かさ健やかさをお贈りできたら幸いです。

【お米つくりを始めた想い】
東日本大震災や自然災害など
現代の科学や技術、歴史をもってしても支えきれない状況になることがあります。

私がお米をつくろうと考えたきっかけは、自分や家族、友人たちを守るため。

せっかくお米つくりをするなら、
水の美しい山奥で、自然を大切にし、
未来の子どもたちへ自信をもってつなげていける自分に嘘のない

・つくり方
・暮らし方
・生き方
にしようと考えました。

【お米つくりを始めてみると】
様々なご縁のおかげで
初めての収穫(お米つくりは独学です)

・育てる楽しさ
・収穫する喜び
・食糧のある安心感

という今まで感じたことのなかった
全身が震えるような素晴らしい体験をしました。

自然のエネルギーたっぷりの食べものは、
心身を豊かに健やかにしてくれます。

お米つくりを続けていこう、
ご縁のあった方々に食べてもらいたい
と思いました。

【月とたねの目的と目標】
豊かな選択肢と健やかな世界を子どもたちへ届けるために
みんなが自分を大切にできるお米つくりを続けていきます。
自分を大切に
愛する家族を大切に
地球を大切に

暮らし方・生き方・お米つくり、
お米を食べて頂くことで、
あなた様やご家族の笑顔、
心や身体の健康、幸せや豊かさにつながれたら嬉しいです。

【月とたねの歴史】
・2015年 
岐阜の山奥へ移住し、
全く初めてのお米つくりを始めました。
・2016年 
お米の販売を始めました。
・2017年 
実績が認められて、
自然栽培農家として新規認定就農者となりました。
・現在
6年目です。 
3月17日、18日の吉日に
塩水選別・温湯消毒・源流水浸種を行いました。

【月とたねの栽培環境】
・小さな集落です。
・標高400m~600m
・山から1番の源流が入ります。
・周りに田んぼがないため他の栽培法の影響を受けません。
・神道の村 土地の名前は神土(かんど)です。

【月とたねの栽培方法】
【栽培方法】
・自家採種
・塩水選別
・温湯消毒
・源流水浸種ひと月(自然な発芽)
・無農薬
・無肥料
・無除草剤
・はざ掛け
・お天道様自然干し
・源流1番水

大西紘記さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください