岐阜県中津川市

深見賢哉

フカミファーム

いちご

◆お客さまへのごあいさつ
フカミファームの深見賢哉です。当園の所在する岐阜県中津川市の出身です。この地で代々続く農家です。
栗を使った和菓子で有名な中津川市で、30年前より栽培する完熟の紅ほっぺというイチゴが自慢です。是非ご賞味ください。

◆農家になった経緯
高校を卒業し、大学進学を機に関東へ移り住み、街づくりに関わりたいとの思いから大学卒業後は川崎市にある不動産会社に就職しました。
10年間、賃貸マンションの管理業務を行わせて頂き、管理のサービスを提供することで多くの方のお役に立てられる実感も得られましたが、いつしかサービスを提供すること以上に、自分にしかできない商品を造り提供したいという気持ちが芽生えました。

また同時に、父が栽培するイチゴが地元の方から良い評価を頂いており、後継がいないまま絶やして良いのか?という使命感にも駆られ、共に栽培に携わる決意を致しました。
今ではイチゴを栽培し、イチゴで街に彩りがもたらせることができるのではと考え、行動しています。

◆生産物・地域の紹介
全国のイチゴ農家が合格とする目安の年間収穫量に対し、当園の収穫量はその半分程度しかありません。
当園は、周囲を山々に囲まれた標高460Mの高さにあるため、冬場の早朝気温はー10℃まで冷え込みます。
イチゴは気温5℃を割ると休眠してしまうので、ビニールハウス内で最低限加温をして活動を維持しています。
何て非効率な環境かとたまに思います(笑)

一方、日本百名山の一つである恵那山の麓であるため水資源が豊富で、
園内にはたっぷりと天然水が湧き上がります。
苗作りから14ヶ月間、たっぷりと天然水を用い生育するイチゴはその間にじっくりと味を蓄えます。
輸送しやすくするための早採りは一切せず、ヘタの元まで真っ紅に完熟させますので、甘みが違います。
また安心・安全な農作物をお届けするため、最低限の農薬使用を心がけてます。

当園が生産する完熟紅ほっぺは濃厚な甘さの中に程よい酸っぱさを備え、本当のイチゴの美味しさを感じて頂けると思います。

◆今後の展望・夢
当園は根を下ろす岐阜県中津川市にて永く愛される農園になっていきたいと考えております。
そのために質の良いイチゴを栽培し続け、直接小売でも、スーパーでの販売でも標準的な価格で販売を続けていきたいと考えております。

また地域のレストランや菓子店にも加工用にイチゴを提供することで、お店毎の魅力を向上しつつ、その輪が拡がることで「美味しいイチゴが食べられる街」と認知され、沢山の方に中津川市にお越し頂けるようになることが我々の夢です。

現在中津川市は栗きんとん等栗を使った和菓子により秋に多くの方がいらっしゃる街となっていますので、春にはイチゴでその可能性を追求していきたいです。

生産量では全国の産地とされる場所には遠く及びませんが、イチゴの味でその夢を叶えていきたいです。

深見賢哉さんの出品商品はありません。