徳島県徳島市

細川真司

いただきます農園

れんこん カレースパイス

【人も野菜もすくすく育ついただきます農園です。】

いただきます農園は、四国、徳島のれんこん農家です。また自然農野菜やスパイスを使った保存食、加工品作りや農家体験、イベント出店など行なっています。

2010年ヒマラヤ山脈の中腹にあるネパールのカグベニという森林限界の村で、生い茂るリンゴの木を見た時に、自然と人の共同作業の美しさを知り、地元徳島で自然農を始めました。
そして2011年の東日本大震災と第一子誕生をきっかけに家業のれんこん作りにも腰を据えて始め、同時進行で行っています。

この土地に奉仕することによっていただいたものを、大切な人に食べて喜んでもらうこと、みんなでおいしいを分かち合うことをモットーとして、周囲を巻き込んだ楽しいイベントをどんどんやっていきたいと思っています。


【大暴れ川の恵み】

当農園のある徳島市川内町は日本で3番目に大きい川である吉野川の下流域にあり、温暖で日照が多く、吉野川から運ばれる豊かな水と素晴らしい砂に恵まれた土地です。
日本三大暴れ川の四国三郎と呼ばれた吉野川は1927(昭和2)年に治水工事が完成するまで、氾濫をくりかえしていました。そのため近年まで田畑の整備が行われていたこの辺りの土地は、大部分が吉野川からの堆積砂でできています。

吉野川は中央構造線という大断層の真上を流れており、断層に接する岩石を削りながら流れ続け砂に変え堆積させてきました。
この川砂のもとである岩石は、一億年程前に15~30kmもの深さで低温高圧によって作られ、中央構造線の活動によって押し上げられたもので
(※三波川変成帯の結晶片岩と呼ばれ砂の約77%を占めている)
小さい砂粒でも何層にも分かれていて、通気性、排水性、保水力、保肥力に優れた非常に素晴らしい砂!らしいです。

徳島のれんこんは粘土で手掘り!と言われますが、砂は粒が大きいためこの辺りのれんこん農家(約20軒ほど)だけは水堀りという方法で収穫できます。
ただ粒の大きい砂と水堀りという方法のため、表面に傷が付きやすく、ほかのれんこんに比べると見た目のきれいさがやや劣る部分もあります。

徳島では水堀りのれんこんは他には無く、他県の情報を得るのも簡単ではなかったので、近所の砂地れんこん農家さんや天才機械屋さんなど、地域の人たちで知恵と技術を磨き合いドラマチックで独特な栽培方法をしています。


【農と人を食で繋いでいく】

田畑で野菜を作る事によってその土地その地域の自然環境をも豊かにできる農業を生み出し、後世に進化した日本の食文化を築く橋渡し役となれるよう精進していきます。
その為にはとにかく遊ぶ事が大切だと考えています。
人が一人でできることは限られています。
人と人とが力を合わせること、化学反応を起こすことで奇跡が起こり続け想像の遥か先まで辿り着く為、この農園を学びの場、生きていく場、そして美味しい物が食べられる場として農と人を食で繋いでいきます。
作り、栽培方法は挑戦の連続です。魚粉、コウモリの糞、卵殻、ホタテ殻をベースに化成肥料やワカメや酵素やスパイスなどなど、土の状態を見ながら毎年田んぼごとに変えています。
今年は一部だけですが、無農薬でも作ることが出来ました。

細川真司さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

なかたく
2018.10.18.
細川さん!
レンコン、そしてカレーパウダーをいただき有難うございました…!
レンコンカレー、ポケマルスタッフ全員で美味しくいただきました。
また、よろしくお願いいたします。

細川真司 | いただきます農園
2018.10.18.
ありがとうございました!また頑張ります。
at
2017.12.13.
美味しいレンコン、ありがとうございます。

海苔ベースのスープに、たくさん入れて、
毎日、お弁当に持って行っています。

年末までもたないかも。。。と、いうような勢いで
いただいています。

ありがとうございます。

細川真司 | いただきます農園
2017.12.22.
こんにちは。
お返事ができていなくて申し訳ありません。

メッセージありがとうございます!
美味しく調理していただいて嬉しい限りです。
スープにすると益々身体が温まりそうですね。

この度はありがとうございました。
良いお年をお迎えください(^^)
at
2017.12.22.
れんこん。野菜室にとっています。年末のお煮しめに。たのしみです。