鹿児島県肝属郡南大隅町

肥後十蔵

旅するベジハウス

ニンニク、サツマイモ、バナナ、サボテン、ハーブなど

◆お客様へご挨拶
旅するベジハウスの肥後十蔵です。鹿児島県出身鹿児島在住です。

旅するベジハウスの由来は「人生観・価値観を培う物語」に由来しています。
野菜を作る過程では、畑を用意して、土を作り、種を植え、収穫し、選別し、出荷します。一種類の野菜をお届けするまでに、育てる現場では様々な難題を抱えながら、一つの「ストーリー」が出来上がります。このストーリーが作り手である私の生きる肥やしになり、おいしい野菜を作る源泉となっているイメージから名づけました。
また、人生を「旅」と捉えて挑戦し続けるという意味も込めています。


◆農家になった経緯
10代・20代の頃は、海外や東京に住んでいました。キャンプ・トレッキング・釣り・素潜りなど、「自然」と触れ合う事を生き甲斐にしていた事もあったり、もともと鹿児島の田舎で生まれ育った事もあったりして、Uターンしてきてからは限界集落や耕作放棄地の地域問題に直面し、県内一過疎化の進む町で2018年に新規就農して第7世代農家を目指して日々奮闘中です。

◆生産物の紹介
鹿児島県南大隅町は、日本本土最南端に位置する町です。
空気もきれいで、海・山・川に囲まれた手付かずの自然が多く残る日照時間の長い温暖な地域で全ての野菜を作っています。

耕作放棄地となった畑や田んぼで、いい土作りを心掛けながら、ニンニク・サツマイモ・ハーブ類・バナナなど様々な作物を育てています。

今後は、出荷しながら温暖な気候向きの作物や育て方などに挑戦していきます。

◆「悩みも耕す」がモットー
私の農業の経験はまだ浅いですが、素晴らしい指導者の方に恵まれています。農業という仕事は天候に左右されたり、作物が思ったように育たなかったりと苦労の尽きない業種ですが、「悩みも耕す」をモットーにして、畑で起きる問題を自分自身の肥やしにできるように「楽しむ心」を持ちながら作物を育てています。
自然の中にいる虫や菌などの生物を大切にし、環境への負荷をできる限り少なくした土作りにこだわっています。


◆今後の展望・夢
「農民泊できる農園」を開いていきたいと思っています。
食を生み出す一次産業を体験しながら、食・住を提供できる農園にしたいです。
自然溢れる私たちの故郷に、興味を持っていただけると幸いです。

◆その他アピールポイント
安全で美味しい野菜作りに努めていきます。よろしくお願いします。

肥後十蔵さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください