兵庫県淡路市

里 昌樹

淡路島 里農園

たまねぎ、みかん

◆お客様へのごあいさつ
淡路島 里農園代表の里 昌樹(さと まさき)です。1976年生まれの43歳です。
社会では中堅の年代ですが、農業の分野ではまだまだ新米です。日々勉強中です! よろしくお願いします!

私は兵庫県の淡路島で淡路島たまねぎと柑橘類を中心に生産している専業農家です。
我が家は江戸時代から続く農家で、私で9代目になります。瀬戸内の温暖な気候に恵まれた淡路島で父や祖父から受け継いできた栽培技術を継承しながら、日々進歩する栽培技術も取り入れ、より美味しく皆様に喜んで頂ける野菜・果物を生産出来るよう日々精進しております。

秋にはオレンジ色に染まったみかん山でみかん狩りも開園しております。
農園の近況は下記SNSで発信中です!

Instagram:satonouen174

Facebook:淡路島 里農園

◆農家になった経緯
我が家は専業農家で、小さいころから、祖父や父の姿を見て育ってきたので、家業を継ぐのが当たり前という感じでした。大学を卒業後に一度企業に就職し、その後結婚を機に農業を本格的に始めました。大学は経済学部でしたので、農業の事は全く分からず、
毎日父の姿を見ながら勉強したり、兵庫県の農業技術指導員の先生などからも新技術のアドバイズを頂きながら、日々精進しております。

◆生産物・地域の紹介
淡路島は平安時代まで朝廷への海山の物を納めていたことから「御食国(みけつくに)」といわれていました。
淡路島における農業は稲作、露地野菜生産、酪農と複業農業で大産地を形成して、京阪神地域をはじめ全国各地の消費地へ食材を供給しています。
特にたまねぎ栽培は「淡路島たまねぎ」の地域団体商標を取得し、取り扱い自主ガイドラインを設定し、ブランド化され高く評価されています。

里 昌樹さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください