富山県下新川郡入善町

舟川 繁

ふなかわ葡萄園

ぶどう

■お客さまへのご挨拶■
舟川葡萄園の舟川です。葡萄園の開園から70年が経ち、当時からの巨峰がまだまだ大きな房をならせてくれています。当地は急峻な黒部の山々にいだかれ、黒部峡谷から立山連峰と後立山連峰の雪どけ水が流れる黒部川水系からの清流の恵みをうける自然豊かなところです。同時に日本有数のおいしい米を育てる豊かな土壌と清流水、移り変わる自然は、おいしい葡萄を育ててくれてます。


■農家になったきっかけ■
私の家は父が30アールの葡萄園と他に稲作等を経営する農家で、私は休日に農業を手伝う、企業の商品開発技術者でしたが、葡萄栽培の奥深さとおもしろさにひかれ定年後は葡萄栽培に専念しようと決めておりました。、定年後、葡萄栽培を引き継ぎ、現在もひたすら技術者の開発の経験を生かして、日々挑戦し、お客様に満足していただける葡萄栽培に努力しています。


■生産物にかける想い■
当地は奈良時代から伝わる古い神社もあり、加賀藩の前田の殿様が江戸の参勤交代の際に宿場として栄えた場所で、江戸時代から何件もの家が板葺き屋根に葡萄のつるをはわせて、舟見ぶどうといわれる葡萄を栽培していた場所でもあり、葡萄栽培に縁が深く、古くから栽培されていたことは栽培に適した土地柄でありました。父がこの伝統を引き継ぎ、私もそれを引き継ぐ思いとともに、葡萄のもつ何と言えない気高さ、種類の多さと多様性、手をかければ、どの房も必ず報いてくれる律義さが私の性格にぴったりとくるものがあります。


■目標・夢■
企業勤務中は、目指す商品や品質を最高にする為に材料会社との打合せ、必要な調査、商品作り、社内調整、顧客との打合せを通じて学んだことは、自己満足でなく、お客様が喜び、満足して頂く事が全てという事でした。定年後は従来の仕事と違う分野の仕事をと思っておりましたが、自分の夢や考えを叶えてくれるのは、葡萄しかないと考え、お客様に満足して頂けるものを最優先に、おいしい!!と幼い頃に高価な輸入バナナを食べた時に味わった時の感動と喜びを葡萄でひと時でも味わって頂く事が私の夢と目標です。まだまだ定年後も企業勤務中の経験を生かし、葡萄栽培技術向上を通じて顧客満足度の向上に情熱をもって取り組んで行きたいと考えています。


■伝えていきたいこと・信念■
父の時代には葡萄園で昔懐かしいキャンベルアーリーやデラウエアを最初に栽培し、その後、次々と10数種類の葡萄を栽培しておりましたので、葡萄栽培に情熱を捧げた父に幼い頃から門前の小僧よろしく無意識に影響を受けていたものと思いますが、地域の伝統と父の情熱を受けて、私は更に国や県の研究機関の最新の研究成果等を取り入れて、目が届く範囲で面積と品種を絞り、良いものをお届けしたいと考えています。

舟川 繁さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください