山形県西置賜郡飯豊町

梅津義浩

めしゆたかファーム

■お客さまへのごあいさつ■
山形県飯豊町下椿地区に所在する稲作農家めしゆたかファームの梅津義浩と申します。飯豊は”いいで”と発音しますが、”めしゆたか”と読むこともできます。読んで字の如く、飯豊町は米どころ山形県内でも有数の美味しいお米がとれる産地として知られております。

飯の豊かな穀倉地帯から全国のお客様の食卓を豊かにしたい、との思いから”めしゆたかファーム”と名付けました。


■農家になったきっかけ■
稲作農家の長男として祖父の農作業を横目に育ちましたが、農家を継ぐ気持ちは全くなく、しばらく会社員生活をしておりました。単純に若い頃は3Kにしか見えなかったです。

祖父も年を追うごとに衰え、また私も歳をとるにつれ人生観に変化を感じ、農業は美味しい作物を生産し直販することで、成長できる価値のある産業だと考えるようになり、脱サラし稲作専業農家としてめしゆたかファームを立ち上げました。


■お米へのこだわり■
一粒でも多くのお米を作り、業者さんへ卸す考えの稲作農家さんは多いとは思いますが、めしゆたかファームではお客様と直接つながり販売していくという考えより、田んぼに無理をさせた食味劣るお米を販売することは考えられず、お米の質を大変重視してます。

具体的には、お米の艶、甘み、香りを良くするために、飯豊山系の雪解け水に多く含まれる美味しいお米づくりに必須のミネラル、珪酸を田んぼに取り入れ(春先に水量豊富な雪解け水を田んぼへ引き入れます)、足りない栄養素を有機肥料(牛糞)を使って補うことで食味優れた美しいお米がとれるよう力を入れております。

めしゆたかファームでは米沢牛を10頭ほど飼育しており、お米づくりの過程で穫ることができる稲わら、畦の雑草を牛たちの食事として提供し、その牛糞を堆肥として田んぼへ散布し、自家製堆肥による循環農業を実践。必要のない窒素散布を控え、田んぼに負担をかけず地力をいかした農法を心がけております。

今年度は、つや姫、はえぬき、コシヒカリ、そして今では珍しいササニシキを育てております。

めしゆたかファーム自慢のお米をぜひご賞味くださいませ。