長野県須坂市

境 賢光

境果樹園

ぶどう

◆お客さまへのごあいさつ◆
はじめまして!境果樹園の境賢光です!
この度は皆さまとぶどうを通じてつながりたい。おいしい葡萄を味わって欲しい。という思いはもちろんのこと、皆さまに彩り豊かな葡萄の魅力を知ってほしいとの思いから出品させていただきました。

「ぶどうと共に小さなしあわせを」をモットーに水と緑に恵まれた長野県須坂市よりぶどうとちいさな幸せをお届けします!


◆境果樹園について◆
境果樹園は長野県の北部、水と緑に恵まれた須坂市にあります。
​須坂市は昼夜の寒暖差の激しさ降水量の少なさなどから、日本有数のぶどう生産地です。
​自然に恵まれたこの地で
味と土づくりにこだわり
​​ひとにもいきものにもやさしい
ぶどうづくりを目指し
心から「おいしい」と思ってもらえるような
ぶどうをお届けするために日々栽培に取り組んでいます。


◆"しあわせになれるぶどう"をお届けしたい◆
ぶどうを食べて大きく人生が変わるなんてことはないかもしれません。
ですが、ぶどうを食べた瞬間に、ちょっと幸せになる。
明日も頑張れる力になる。
そんなぶどうを皆さまにお届けするのが私たちの目標です。



◆ひとにもいきものにもやさしいぶどうづくり◆
私たちが考えているのは人への安全はもちろん、自然へのやさしさです。
​人間が害虫として忌み嫌う虫や草たちも精一杯命を燃やす立派ないきものです。
ぶどうの樹の健康を維持し、美味しいぶどうを作り上げるためには
農薬は必要不可欠ですが、
なるべく自然に負荷をかけないように、天敵となる虫を呼ぶ花などを植え、自然の摂理の中で成り立つ農業に取り組んでいます。


【特別栽培農産物認証を取得しています。】
"土こそすべて"
私たちが大切にしていることばです。
畑の中にはたくさんの微生物が生きています。
微生物は様々な有機物を分解して植物に必要な養分を生み出してくれます。
草が生え、虫たちが生き、微生物が生きることで
土は"活きる"。
豊かな土をつくることはつまり、おいしいぶどうをつくることなのです。

ぶどうの味を良くするためにはこの"土づくり"が必須と考え、父の代から20年以上に渡って研究・改良を続けてきました。
長野県産の間伐材をもとにした堆肥や松や笹などの植物のすりおろした"酵素"などを使用し、草が生え、いきものたちが生きる、豊かな土を育てています。

そうした取り組みの結果、農薬の使用量を減らすことにも繋がり、
特別栽培農産物の認証を取得できるようになりました。

​農薬・化学肥料の使用量は長野県慣行基準より5割減、
​除草剤は使用していません。
当園は日本有機農業生産団体中央会による特別栽培農産物の認証を取得しています。(認証番号:420070804)




◆生産物の紹介◆
当園では以下のぶどう品種を主に栽培しています。
・シャインマスカット
・ナガノパープル
・巨峰
・クイーンニーナ
・バイオレットキング(ウインク×シャインマスカット)
・我が道(シャインマスカット×ウインク)
この他にもシャインマスカットを親に掛け合わせた最新品種の導入や、私個人で新品種の育成(交配)も積極的に行っております。


◆さいごに◆
父、母。そして私の家族3人で経営する小さな果樹園ですが、皆さまにぶどうを食べて笑顔になって欲しいと日々願いながらぶどう栽培に取り組んでおります。
心を込めて栽培したぶどうたちををぜひご賞味ください。