長野県飯田市

大日向章

大日向章

トマト、レタス、梨、キャベツ、茄子

○お客様へのご挨拶
ひなた農園の大日向章です。千葉県出身です。長野県飯田市で、妻と農家を始めて4年目になります。自分も妻も農家育ちではありませんが、もし農家だったら「大日向」という苗字は、農家のイメージにピッタリだと昔から勝手に思っていました。
お日様に向かうと書いて日向、それに大がついて、「大日向」です。
「ひなた農園」と名を付けたのは、農業に恵みをもたらす太陽が味方についてくれるのではないか、そんな願いも込めつつ…。
お日様をさんさんと浴びた美味しい野菜を、果物を育てたい。陽だまりのような温かい真心のある農園でありたい。そんなことを「ひなた農園」という名に込めています。

○仲卸人から農家へ
私は、前職では、大田市場の仲卸に勤めており日本各地の果物を担当していました。
色々な果物を取り扱う中で個人的に美味しいと感じた果物トップ3の中に【市田柿】と【南水梨】がありました。これらの商品を仕入れ、販売等をしていくうちに、徐々に自分で栽培、販売をしたいという興味が湧いてきました。そのことを妻にも相談し、何度も話し合いをした結果、初心者がいきなり果樹一本で行っていくのは経営的にも不安がある、野菜もいれて二本柱でやってみようということになりました。妻は、私と同じ大学の農学部出身で国営公園を維持管理する財団の職員や欧風庭園のガーデナーなどの植物に関わる仕事等をしていたこともあり、妻が野菜生産担当ということになりました。
そして、長野県小諸市にある長野県農業大学校で夫婦一緒に1年研修を受け、その後、自分は、長野県飯田市の果樹農家で1年研修を受け、妻は、有機JAS認証取得農家で1年、それぞれ研修を受けました。決心をしてから合計2年の研修期間を経て農家を始めました。

○生産物にかける思い
長野県に来てから、野菜や果物は新鮮とれたてだとこんなにも美味しいのかと驚くことがありました。野菜も果物も味が濃くて瑞々しくて美味しい!
研修生のころ、毎日のようにジャガイモ、レタス、トマトなど普通の野菜の美味しさに驚き、生プルーンなど珍しいと思っていた果物が沢山直売所に並んでいたり、桃や梨がお手頃な値段で果汁たっぷりでなんと美味しいと嬉しく思いました。
そんなことから、消費者の皆様の忙しい日常生活の中でも新鮮な美味しい野菜と果物を食べて明日へのエネルギーにしてもらいたい、できれば農薬をなるべく使わずに育てて安心して食べてもらいたい、そのように思っています。
そのようなことから、野菜については有機JAS認証を取得し、農薬をほとんど使用せずに育てています。
梨、桃、市田柿の果樹の農薬はなかなか減らすのは難しく、また、就農した当初、梨は黒星病という病気に悩まされました。そんなことから、梨は、病気を減らして不必要な農薬散布を行わないために、冬季にブロアーという風を吹き出す機械や手作業で梨の木の落ち葉を梨園から掃きだして処理をするということを続けています。落ち葉に梨の病気の菌が残っていることがあるからです。このようなひと手間をかけることで病気も減ってきています。
まだまだひよっこ、新参者の新米農家ですが、美味しいもの、安心して食べられるものをお届けするためにひと手間、ひと工夫の学びの姿勢を心がけたいと思っています。

○山脈に囲まれた長野県飯田市で
南アルプスと中央アルプスの山脈に囲まれた南信州の長野県飯田市は、伊那谷の地形からもたらされる寒暖差があり、農作物に美味しさを与えてくれます。長野県の中では、積雪量が少なく、比較的温暖な地域とされています。

○今後の目標
自然からの恵みを得て、農業を営ませてもらっているという感覚は、農家になってから感じるようになりました。トマトを育てる水は、すぐ裏の裏山の小川の清水です。なるべく自然に負荷のかからない農業がしたいとは常日頃感じていますが、恩恵を受けるばかりです。地球温暖化や気候変動の激しい時代になっていきますが、日々の選択の中で自然になるべく負荷のかからない農業ということを考えながら小さなことから心がけていきたいと思っています。

大日向章さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください