福岡県大川市

古賀哲也

株式会社アリアケスイサン

海苔

◆お客さまへのごあいさつ◆
─ ─ ─ ─ ─
はじめまして。株式会社アリアケスイサンの古賀哲也といいます。
所在は福岡県大川市、職場は有明海で、祖父、父から私と、3代にわたって海苔養殖業を営んでいます。
3年前に法人化しましたが、実質家族経営の海苔生産者です。
─ ─ ─ ─ ─

◆海苔の生産者になった経緯◆
─ ─ ─ ─ ─
大学卒業後、家業を継ぎました。
幼いころから体が弱く、また海の仕事が好きではありませんでしたが、他に就職が見つからず、そのまま家の仕事に入りました。
最初の数年は魅力を感じなかった海苔の作業も、自分の育て方によって海苔の育ち方が変わることがわかると、次第に面白味を感じ始め、少しずつですがいろいろと挑戦してみるようになりました。
また、自分で作った海苔の販売を始めることによって、お客様と直接繋がることの喜び、面白さを体験し、それが更に生産への励みとなり、そこで得たものを生産の方に活かせるようにもなりました。
─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
─ ─ ─ ─ ─
日本の海苔生産のおよそ半分を占める有明海は、大小100以上の河川が流れ込んでいるため、海苔の成長に必要な栄養分に恵まれています。また、日本一の干満差がある有明海の特徴を生かし、支柱式と呼ばれる養殖法で旨味を蓄えた海苔が育ちます。このように海苔養殖に適した有明海で、丹精込めて育て、一番最初に収穫した、初摘み(一番摘み)と呼ばれる海苔だけを販売しています。
『有明海苔 紫彩』、『有明海苔 藻紙』という2種類の初摘み海苔だけを販売しています。
「ふくおか食べる通信」で紹介していただきました。

・『有明海苔 紫彩』
は、海藻である海苔本来の味、食感を崩さないように、一手間も二手間もかけて作り上げたばら干し海苔という、希少な乾燥海苔です。見た目はくしゃっとした黒い塊ですが、口に入れるとしゃきしゃきの食感、そして後から広がる濃厚な旨味が楽しめます。

・『有明海苔 藻紙』
は、長年培ってきた技術で和紙のように漉いた海苔を、香味が増すように焼き上げました。パリッとした食感の後、口の中でとろけて甘みが広がります。
─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
─ ─ ─ ─ ─
海苔養殖は、海の農業だと思っています。
でも、陸の農業と比べて、海苔がどうやって育てられているのか知られていません。
更に、海苔の生産者は生産だけではなく、収穫した海苔を四角いシート状(板海苔とも呼ばれる)に成形し、乾燥して出荷するまでを行います。
こういうことを多くの方に知ってもらいたい。
また、海苔は一度収穫すれば終わりではなく、何度も繰り返し収穫します。
最初に収穫した海苔は初摘み(一番摘み)と呼ばれ、柔らかくて甘みがあり、美味しいです。
そんな美味しい海苔を食べてもらいたい。
そのために、ブログやSNSを使って情報発信をしたり、海苔の販売だけでなくPR活動や食育活動も行っています。
多くの方に、海苔の事、美味しい海苔を知ってもらいたいです。
─ ─ ─ ─ ─

◆今後の展望・夢◆
─ ─ ─ ─ ─
私とアリアケスイサンは、有明海と海苔によって生かされています。
また、大川市というまちに支えられています。
今まで続けてきた海苔の販売や様々な活動を、今まで以上に大川市と絡めていきたいですし、都市部や離れた地域にも広げれたらと思っています。そして、そこで繋がった多くの方々に大川市に来てもらいたい、有明海と海苔生産の現場を見てもらいたいです。
海苔を通して、その橋渡しをしたいです。
─ ─ ─ ─ ─

古賀哲也さんから直接買える商品一覧 - 9件