青森県北津軽郡中泊町

太田直喜

光龍丸

まぐろ、ウスメバル

自己紹介】
青森県北津軽郡中泊町小泊
太田 直喜
いさり火が誘う里 JF小泊漁業協同組合
一本釣会長
マグロ延縄漁

【あいさつ】
青森県の日本海に面した津軽半島の果て中泊町小泊に生を受け、この地で漁師として頑張っています。
津軽海峡にもまれ、たくましく、身の引き締まった魚を皆さまにご提供できれば嬉しい限りです。

【信念(漁師になったきっかけ)】
光龍丸・亡き父が営んでた船名を引継ぎ親父を目標に邁進しております。

【生産現場】
中泊町小泊には2つの漁港があり、津軽半島から日本海にそり立つ権現崎を中心に北側に小泊漁港、南側に下前漁港があります。
小泊地区から海を眺めると遠く北海道が眺め、下前地区からは日本百名山にも選定されている、津軽富士とも呼ばれている岩木山が眺めます。
津軽海峡といえば津軽暖流。津軽暖流がまたらす豊富な栄養と速い潮の流れ、そして日本海から吹きつける季節風、時化た海。時には波の花も道路沿いに舞い踊り これは海の厳しさを語っている。このような環境で育った津軽海峡メバル(ウスメバル)をはじめ、小泊沖で育ったお魚を是非ご賞味ください。
ウスメバルは刺身良し、煮付け良し、焼き良し どんな調理にもお勧めです。

【活動】
2018年 一本釣り会長
2019年度 海岸清掃を始め救難救助練習など積極的に活動しております。

太田直喜さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください