愛知県豊田市

今枝稚加良

自然農福の力

【自然栽培】にんにく・じゃがいも※肥料、農薬、除草剤、不使用

◆お客さまへのごあいさつ◆
はじめまして、「自然農福の力」の今枝稚加良(イマエダチカラ)です。
愛知県小牧市出身の愛知県豊田市在住です。
農園名の由来は、肥料・農薬を使わない自然栽培の「自然」と、農業と福祉の連携を表す農福連携の「農福」を合わせた、自然栽培で農福連携を行い「自然」も「人」も幸せになれる農業のチカラになりたいという思いから名付けました。
それと、少しだけ自分の名前も掛け合わせました。

◆生産物・地域の紹介◆
主力野菜は、自然栽培ジャガイモと自然栽培ジャンボニンニク(無臭ニンニク)です。
畑は街と山との間で、少し高台にありとても日当たり良くみどリに囲まれ鳥の声がよく聞こえる場所にあります。畑に使う水は、畑の隣にある地域の氏神神社のふもとから引いている井戸水と、アユも釣れる矢作川からのパイプラインから流れる農業用水を使用しています。

◆自然栽培を選んだ経緯◆
私は、肥料・農薬を使わない自然栽培という栽培方法で野菜を育てています。
はじめて自然栽培に出会ったのは7年前(2012年)で、肥料を使わないでなんで野菜が育つのか理解ができず、近くにいた自然栽培農家の話すことよりも有機栽培に興味があり学んでいました。

しかし、ある日また別の自然栽培農家と出会い、その方の畑を手伝っていたときに食べた水菜の味に衝撃を受けたのです。今まで食べてきた水菜が嘘に感じるほど、はっきりとした甘みと味のあるシャキシャキとした美味しさは驚きを超え感動を覚えました。
「ここまで美味しさを引き出せる自然栽培ってなんだ!?」と興味と魅力を感じ、その日から自然栽培を行う決心をして今に至ります。

◆人を輝かせるチカラを感じて◆
前職は障がい者福祉事業所の農業責任者をしていました。
知的、身体、精神の様々な障がいを持った障がい者さんたちと共に自然栽培を行っている中で、様々な奇跡のような出来事を体験したことが切っ掛けです。

ある知的障害のある女性は、極度の人見知りで家族と共にでないと外出できなかった方が、畑でみるみると表情が変わり1年後には一人で大手スーパーに買物へ行くのが趣味となり毎日楽しく働く姿に変わり、精神障がいを持った方は、毎日7錠の精神薬を飲んでいましたが、体を動かし汗をかき毎日気持ちよく眠れるようになり、医師からも徐々に薬の量を減らす話があり、1錠まで減らすことができました。また弱視の障がいを持った方は、広い畑で様々な自然の色に囲まれている時間がながくなった影響なのか今まで見えにくかった色が見えるようになったり、見える部分の視力が良くなったと本人が話していました。

私は医師でもないし科学的根拠もわかりませんが、みなさんの変化は近くで見てきました。
自然栽培農福連携に人を輝かせるチカラを感じました。
このチカラを障がい者福祉だけではなく、生活困窮者や高齢者、子どもたちなど幅広く、より多くの人たちに感じてもらいたいと思い関係型農家として独立しました。

◆伝えていきたいこと◆
肥料、農薬を使わない栽培の栽培方法の拘りだけではなく、「いただきます」と食べてもらえるまでの過程で、どんな人たちがどんなストーリーがあって心を込めていたか、多くの人の想いがつまった「手」に拘っています。
野菜の成長とともに弱さを抱えた人たちの成長もあること、義務ではなく笑顔で育てること、縦の関係に甘えず、横の関係を大切にしています。
みなさんに「安心」や「健康」だけではなく、「自然と人とのつながりで生まれた愛」を食べて頂けたら幸いと思います。

◆障がいがあっても人の役に立って笑顔で働き続けられる農園◆
「どんな子どもたちも笑顔でいられる40年後の未来」を目指し、障がいがあっても人の役に立って笑顔で働き続けられる農園を目指していきます。
約4000万人(北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県を合わせた人数)近く人口減少すると予測されている2060年は、若い働き手1人に対し高齢者1人を支えていかなければならないと言われています。
私は、多い人数の中で違いを主張し合い競い合っている縦の関係よりも、少ない人数でも人の中に自分と同じような弱さ感じ認め協力し合う横の関係の方がチカラがあると感じます。また持続可能な関係性を築けるということを農福連携で学びました。
本来、若い働き手に支えられなければならない人たちが、横の関係でチカラを発揮したとき、若い働き手を支えていける世の中に変えていけると確信しています。

今枝稚加良さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください