広島県尾道市

金野 昇

ぱっとな農園

ニンジン

◆ご挨拶
広島県尾道市にてニンジン農家をしているぱっとな農園の金野昇です。

◆震災を経て、安全・安心な農産物を自分で作ることに
東日本大震災のとき、都心に住んでいました。あの日以後、スーパーやコンビニは品薄で、放射性物質による汚染のこともあり、安全な食材を手に入れるのに苦労しました。
以前より農業に興味があったのですが、このときに安全・安心な農産物を自分で作ろうと決意しました。

◆生産物・地域の紹介
原発のないところ。天気の良いところ。災害の少ないところ。そういう条件を満たしたのが備後地方でした。
今は移住後に知り合った妻の実家である御調でニンジンを作っています。
御調は古代山陽道の宿場の一つで御調川沿いにあります。この御調川は古代より氾濫を繰り返し、その度に山陽道のルートが変わっていたそうです。その影響もあって、農地を20~30cm掘ると砂利がでてきます。この砂利のお陰で元田んぼでも排水性が良く、おいしいニンジンが育ちます。

◆ニンジン作りのこだわり
私がこだわったのはおいしいニンジンを作ることです。卸市場での高評価ではなく、消費者の方々においしいと言ってもらえるものを作ることです。どのようなニンジンがおいしいと感じるかを調べた結果、やわらかさが重要だと分かりました。なので、果肉のやわらかい品種を選びました。
また、安全・安心の観点から、農地を借りてからは農薬や化学肥料を使用せずに、落ち葉・木チップなどの堆肥・もみ殻などで育てています。
出荷先の一つでもある学校給食の調理員さんは、子供の食べ残しが少なくなった・火の通りが早くて調理時間が短縮できると喜んでくれています。

金野 昇さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください