茨城県鹿嶋市

服部亜樹子

やぎ屋

スナップエンドウ、トマト、西瓜

◆お客さまへのごあいさつ
無肥料・無農薬で野菜やハーブ等を育てています、「やぎ屋」の服部亜樹子と申します。出身は埼玉県で、現在は茨城県に移住して農業をしています。「やぎ屋」という名前は、私の学生時代からのニックネームからつけました。自分の作った野菜を食べていただく方には、旧知の友達の様に信頼していただける農家になれればと思っています。

◆農業の魅力にどんどんはまっていきました
以前は会社員をしておりましたが、たまたま知人に誘われて参加した農業イベントで農業の楽しさを知りました。そして、肥料・農薬を使わない野菜を始めて食べた時に「育て方でこんなに味が違うの!?」と感動し、農業の魅力にどんどんはまってしまいました。その後、会社を辞めて約2年間農家さんの下で勉強し、独立して現在に至ります。

◆人々の歴史が「豊かな土」となって野菜を育ててくれます
私の畑がある茨城県鹿嶋市は、東に海、西に湖がある、自然に恵まれたとても素晴らしいところです。鹿嶋で農業が始まった歴史は古く、ここには数百年前から農業を営んできた人々の歴史が「豊かな土」となって、美味しい野菜を育ててくれています。

◆「100年先も続けていける農業」を目指して
一口に農業と言っても、いろいろな栽培方法や各農家のこだわりがあり、野菜にはそういった農家の思いがぎゅっと詰まっています。私は、美味しさはもちろんですが、環境にも配慮した「100年先も続けていける農業」を目指して無肥料・無農薬栽培を選びました。自分で種を蒔き、苗を育て、収穫し、そこから種をとる。畑に生えた草は刈って堆肥にする。現代の農業では分業が当たり前の時代ですが、私は土を育てるところから、全ての過程において愛情と責任をもって農業に取り組んでいます。

◆今後の夢
忙しい現代では、食事の時間はなかなかゆっくりととれる環境でない方も多いと思います。野菜を通じて、そういった皆さんに少しでも豊かな時間をプラスできる様、いろいろなアイデア商品を考えていきたいと思います。

◆畑が自然の一部として存在できるように
私の畑では農薬を使っていないので、最低限の草刈りはするものの、いろいろな種類の野草があちこちに育っています。こういう畑は一般的に管理ができていないと言われるのですが、野草が共生している畑は多用性の象徴のような気がしています。この畑では、ある1種類の植物や虫、特定の細菌だけが蔓延することはなく、互いに拮抗し合ってバランスをとっています。畑は、人の手が入るという意味では人工的な環境ですが、それは自然から切り離されたものではなく、あくまでその一部として存在できる様にしていきたいと思っています。無肥料・無農薬で野菜を作るのは、まだ経験の浅い私にはとても難しいことですが、だからこその面白さも感じています。この仕事を長く続けて、おいしい野菜を提供できる様、頑張っていきたいと思います。

服部亜樹子さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください