茨城県常陸太田市

石川 歩

Ayumu Agri

多品目無農薬野菜

◆お客さまへのごあいさつ
こんにちは!プロフィールをご覧になっていただきありがとうございます。Ayumu Agriの石川歩と申します。2019年から新規就農してまだ知識も経験も浅いですが、農業ができる事への喜び、情熱に満ち溢れています!

『土の健康は人の健康』

健康な土が健康な野菜を作り、健康な体を作ります。
そのために、農薬や化学肥料は使わず、地中の微生物を守るため、トラクターも使いません。

◆会社を辞め、オランダの有機農家などでの修行を経て農家に
私は茨城県常陸太田市という田舎で生まれ育ちました。親は農家ではありませんが、祖母が野菜を育てていたり周りは田んぼや畑だらけで、小さいころからそういった環境を見てきて、なんとなく農業っておもしろそうだな。やってみたいなと漠然と思っていました。しかし、大学卒業を迎え、就職活動が始まり、周りに流される形で一般企業へ就職しました。入社して働きながら、「働くこと」や「人生の時間の使い方」について考えるうちに「meaningful(有意義)な仕事がしたい。」と思い、「食」という人が生きる上での根源の部分で、自分が作った食べ物を誰かに届けて、それで喜んでくれたらこんなすばらしい仕事、生き方はないと思い立ちました。そこから会社を退職し、茨城県水戸市にある日本農業実践学園で1年間農業の基礎を学び、卒業後オランダの有機農家で1年間修業し、帰国後地元の農家で1年さらに修業し、独立に至りました。

◆茨城県の里山風景の中で
Ayumu Agriは福島県との県境である茨城県常陸太田市の旧里美村に位置しています。この地区の8割は森林で、茨城県北部を流れる里川の源流域にあり、自然に囲まれた、いわゆる「里山風景」が広がっています。きれいで豊富な水、澄んだ空気、寒暖の差が大きい里美は米も野菜もおいしく育ちます。イノシシ、イタチ、ハクビシンなどの餌食にならなければですが。(笑)

◆お客さんとの「つながり」を大切に
私がなによりも大事にしたいのは買ってくださる人との「つながり」です。農家は農協に出荷して、消費者はスーパーで買ってという現在の食品流通は便利ではありますが、消費者は野菜本来の持つ味、どうやって作られたかを忘れ、生産者は毎年の収量と市場価格ばかり気にかけるようになってしまいました。つながりを再構築することで、消費者は食べるときに農家の顔、農作業している様子を想像してみる。農家は汗泥にまみれながらも食べて喜んでくれるお客さんの顔を思い浮かべる。このような両者間の思いやりを取り戻すことができればお互いハッピーになれると私は信じています。

◆今後の展望
野菜を生産して届けるだけではなく、オープンな農園として、農業体験・BBQなどのイベントも開催し、食育や農業へのイメージUPを図っていきたいです。また、自分もマルシェやイベントに積極的に出店し、SNSなども含めリアルを発信していくことも行っていきます。