山口県宇部市

才木 誠

まこっこ農園

ミニトマト,白ネギ

◆お客様へのご挨拶
まこっこ農園の才木誠、祥子です。
山口県宇部市で2009年に新規就農。主人は埼玉出身のIターン、私は山口県出身のUターン。
主人の名前の「まこと」と私のあだ名の「こっこ」をくっつけて、「まこっこ農園」が誕生しました。

◆就農のきっかけ
主人は中学時代に麦の話に心奪われ卒業後の就農を決意したものの親からの猛反対を受け東京農大の付属高校に進学。一方私は大学時代に農家レストランでアルバイトしたことがきっかけで農業に興味を。
その後農業の出版社で同期入社して知り合い、全国の農村を一軒一軒バイクでまわり農家に本を売る仕事を通じて農業の大変さと知ると同時に無限の魅力を再確認。
満を持して退職し、帰郷。
憧れ胸いっぱいにし、2009年全くのゼロからの農業をスタート!


◆生産物にかける想い
【次代に繋がる農業を】
中山間地域に位置するここ「市小野」集落は、初夏にはホタルが無数に飛び交う綺麗な清水を利用して野菜を生産しています。
当農園で最も力を入れているのは「菌」の多様性。
多様な菌と微生物の働きによって豊かな土壌環境が生み出され野菜を育ててくれています。その菌のバランスを保ちそれぞれの力が最大限に発揮される土壌環境作りは美味しい野菜づくりだけでなく、次代へと繋がる地力となります。
そうした地力と自然の恵みの中から生み出されるカラフルミニトマトや白ネギは、ただ甘い、美味しいだけでなく、心の滋養となり身体が欲する味に。
「おかわり!」の声が届く距離を大事に、日々野菜生産しています。

◆伝えたいこと
【食べることは 生きること。生きることは 食べること。】
食べることが楽しくなれば、生きることも楽しくなる、そんな社会になればいいなとの思いで、心踊るカラフルなミニトマトや、葉の先まで美味しく食べられる葉付き白ネギを生産しています。
農業は命を繋ぐ産業。先祖代々引き継がれた豊かな環境と食べることの楽しさをどう次世代に繋げられるか、試行錯誤な毎日です。
なにはともあれ、「食べることを楽しく!」をモットーに、日々の食卓が笑顔で溢れ、食べることが楽しくなる野菜をこれからも作り届けていきたい思います。
使用端末情報

才木 誠さんの出品商品はありません。