長野県安曇野市

小林正樹

株式会社Mack・Farming

◆お客さまへのごあいさつ◆
株式会社Mack・Farming(マック・ファーミング)の代表取締役の小林正樹です。
長野県安曇野市の出身で、現在松本市に在住している税理士です。
私は、安曇野の農家出身であり、実家も手広く農業経営をしておりましたので、その農地を利用し、「農薬・除草剤・化学肥料」を一切使わず「300種類以上の薬草」を一次、二次、三次発酵させた肥料のみを使用して身体に良い、安全安心なお米作りをしております。
また、健康に良い玄米食を美味しくいただけることをモットーにしております。

◆農家になった経緯◆
長い間会計事務所の経営を通じ、人材の育成と組織開発に力を入れてきましたが、現在の若者があまりにもアレルギー体質で苦しんでいる姿に接し、根本的に食の改善から肉体の改善、人材の開発の必要性を感じ、食の原点である米作りをしようと数年前に決意しました。

◆生産物・地域の紹介◆
山紫水明の地、安曇野のど真ん中、西に北アルプス、東に梓川の渓流をいただく、農業生産の絶好の適地、「お米、果樹、野菜、ワサビ」の一大生産地で農業生産に携わる若者と一緒に安曇野のブランド米づくりに日夜精進しています。
また、植物の生命は土壌にありとの信念の基、「土壌の微生物づくり」に力をいれ、土壌改良から、おコメの生産をしています。

◆伝えていきたいこと・信念◆
全国美味しいお米作りをしている農業生産者はたくさん存在していると思いますが、私どもは、最高の水と空気と環境の立地の中で、健康を増進し、かつ、美味しく安全なお米づくりを、直接消費者の皆様にお届けする「B to C」により、消費者の皆様の声をお聞きしながらより良いお米づくりをしていきます。

◆今後の展望・夢◆
地域の農業生産に携わっている方々を結集し、安曇野ブランド「やめのおおきみ」(商標登録済み)を全世界に発信していきたいと考えています。

◆その他アピールポイント◆
有機農法と低農薬、海草の散布により、美味しい6000本の林檎農家を営んでいる方とも連携し、信州林檎も世界にアピールしていきます。