栃木県那須町豊原

渡邊 剛

takeshi farm

サツマイモ丸干し,菜の花,スナップエンドウ,新じゃが

◆はじめまして、takeshi farm の渡邊剛です
栃木県大田原市出身、同県那須町在住です。近所に同じ苗字の農家が多いので屋号はtakeshiにしました。

◆アメリカ・南米での11年を経て日本で農業をはじめました
アメリカに留学7年、南米の旅行会社で4年働いた後日本に帰国しました。農業には学生時代から興味があったのですがなかなか決心がつかず、43才になって今を逃したら後はないと思い1年間研修を受け2016年に就農、今年でやっと4年目です。基本「ひとり農業」なので畑の広さはまだ50aしかありません。

高校卒業後アメリカの大学に進み考古学と人類学を専攻しました。人類にとって農耕がいかに重要か、また北アメリカや中南米原産の野菜がいかに多いかを学びました。トウモロコシやジャガイモ、トマト、サツマイモ、カボチャ、ピーマン、ピーナッツ、トウガラシなどは新大陸で栽培されてきた作物だとその時初めて知りました。

子供の頃アトピーだった私に何を食べさせたら良いか母が大変苦労していたのを覚えています。無農薬の野菜がいいと聞いて方々探し回ってました。今もアレルギー体質の子供は多く、お母さんは日々の食材に頭を悩ませていることでしょう。そんな方たちの助けになればと思い無農薬の野菜を作る決心をしました。

◆生産物・地域の紹介
年間20種類ほどの露地野菜を無農薬・無化学肥料で作っています。観光地の那須高原では春から秋にかけて観光客が多く、レストランやカフェ、お土産屋、ホテルなどの観光関連施設に向けミニトマト、レタス、ナス、カボチャ、ラディッシュ、玉ねぎ、ジャガイモ、ズッキーニなどを栽培しています。大豆の種蒔きから味噌造りまでを体験するイベントも去年から開催しています。毎回都心から20人前後参加して頂いています。冬の寒さが厳しい那須高原では冬季に野菜があまり出来ないので、畑で収穫したサツマイモを自作の釜で焼いた石焼き芋の移動販売もしています(1月~3月)。

◆環境に負荷をかけない農業を目指しています
「環境、循環、共生」が有機農業の基本であると研修先で学びました。出来るだけ環境に負荷をかけず、主に身の周りで手に入るものを中心に農業に利用しています。例えば、秋に集めた落ち葉に米糠と水を混ぜて踏み固めると微生物が活発に増殖し、その際の出る発酵熱を利用して夏野菜の苗を育てる「踏み込み温床」や、米ぬかと油粕、籾殻クンタンなどを混ぜ発酵させて作った自家製「ボカシ肥料」などです。

◆今後の夢
観光地である那須高原の特色を活かして地元産の食材にこだわるレストランやホテル向けに野菜の種類も量も増やしていきたいと思ってます。また、那須高原はパン屋が多く、地粉を使いたいという声もよく耳にするので、小麦やライ麦、そしてスペルト小麦という古代小麦も作りたいと思っています。

渡邊 剛さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください