山梨県中央市

近藤慎吾

しゃんと畑

トウモロコシ ヤングコーン キュウリ

◆こんにちは、しゃんと畑の近藤 慎吾です
愛知県出身、山梨県在住です。農園名である「しゃんと」とは「ちゃんと、しっかりと」という意味です。農業1つ1つの仕事を『ちゃんと』行い、するべきことは『しっかりと』するという心構えを表しています。

◆農家になった経緯
妻の実家が兼業農家で、お手伝いを始めたのが農業に興味を持った最初の出来事です。月に数回と少ない頻度ではありましたが、土を耕し、種を植え、立派に育っていく様子に感動したり、直売所で野菜が売れていく様子に興奮したり、なにより自分の頑張った成果が目に見えて分かる事が楽しく、「自分でもやってみたいっ!!」と思うようになりました。やるならすべてゼロから自分の力で、と愛知県を離れ山梨県への移住を決意しました。

◆生産物・地域の紹介
主にとうもろこしを生産しています。ゴールドラッシュという品種で、皮が薄くプチプチっとしたはじける食感と後味の良さが楽しめます。まずは生でかじりついてみてください!その甘さにきっと驚きますよ!もちろん茹でても良し、焼いても良しの万能タイプです。

山梨県は日本一の日照量を誇り、加えてここ中央市は盆地に位置しているので朝晩の寒暖差が大きいです。これは美味しい野菜を生み出す秘訣であり、私たちのとうもろこしもその恩恵を余すことなく受けています。太陽のエネルギーをいっぱい蓄えた甘いとうもろこしに育ちます。

◆ベテラン農家さんに学びながら1つ1つしゃんと作業をしていきます
山梨県中央市の豊富地区は昔からとうもろこし栽培が盛んで、ベテラン農家さんがたくさんいます。皆とても丁寧に栽培しており、私たちもそれをしっかり学んでいます。隣の地区とはまったく違う技術も多く、本当に手をかけて大切に栽培するのが豊富方式です。私たちも負けずに丁寧に、1つ1つしゃんとした作業を行い、甘くて美味しいとうもろこしを生産していきます。

◆新鮮なとうもろこしの美味しさを知ってほしい
新鮮なとうもろこしの美味しさを多くの人に知ってほしいです。スーパーなどの店頭に並んでいるとうもろこしの多くは、収穫して数日経っているのでどうしても鮮度が落ちています。「とうもろこしはスーパーではなく農家直売で買うもの!」がスタンダードになると嬉しいです。農作物がお客様の手元に届くまではどういった過程を経ているのか、SNSを用いてオープンにすることで、食への関心・興味を持っていただけるよう情報発信を続けていきたいです。

◆地域を引っ張る農家に
過疎化が進む豊富地区で、地域の期待を背負って夫婦で農業しています。小さな経験をこつこつ積んで、豊富地区を引っ張る農家となるよう頑張っています!