長野県松本市

古家豊和

信州四賀たべくら農園

野菜セット

たべくら農園は信州四賀(しが)にある山間の自然に囲まれた小さな農園です。
「もっと食べて暮らそう。」をモットーに、夫婦2人で野菜をもりもり食べながら、たくさんの野菜を育てて暮らしています。

【自然の力を思いっきり借りた野菜づくり】

季節の旬を大切にして、年間約60種類以上の野菜を、農薬と化学肥料は使わず、自然の力を思いっきり借りて栽培しています。
いつもイメージするのは健康な野菜作り。そして健康な野菜=おいしい野菜なんだといつも思って育てます。

そんな野菜たちを食べたいと思ってくれる皆さんに、もっと身近に、もっとたくさん食べて暮らしてほしい。
自然のいのちと自分たちの身体と心はつながっています。
野菜の持つ「生きる力」をいただいて、おいしく食べて、健康に楽しく暮らす。たべくら農園は野菜づくりを通して、そんな暮らしづくりをしていきたいと思っています。


【百姓への憧れ】

町育ちで農業のことも全く知りませんでしたが、ずっと百姓にあこがれ続けていました。
自然と関わって暮らすこと、人と自然とのつながりを考えていくこと、頭も身体も全部使って生きることが出来る方法を考えていくうちに有機農業に出会いました。
そして農業の師匠と出会い、長野市中条のまごころふれあい農園で2年間の研修をしました。
そこで学んだのは有機農業の方法だけではなく、農業に一番大切な自然観や、有機農家で稼ぐための心構え、田舎暮らしの人付き合い、心の大切さを教わりました。 そして、そこで出会ったパートナー節子と共に2014年にたべくら農園を始めました。


【たべくら農園はこんなところです】

たべくら農園は、長野県松本市の北東にある四賀地区(旧四賀村)にあります。
松本の市街地から30分くらいの山間にあって、遠く北アルプスの眺めも、四賀の風景もよく、
自然が豊かな場所で有機農業をするにも暮らすにも良い場所なのかなと感じています。
夫婦二人とも四賀の生まれではありませんが、いろんな人の力を借りて暮らし始めることが出来ました。ゆうきの里という看板も掲げる有機栽培を受け入れている土地でもあり、心強くもあります。

農業をするには、広くまとまった農地はあまりなく、畑が何ヶ所にも分かれてしまうため 適しているとはいえないかもしれません。畑が数ヶ所に点在しているため、それぞれの畑の土質も違います。その違いを上手に生かすことでさまざまな種類の野菜を 育てることができると思います。
ただ、標高700mほどの寒冷地なので、寒さに合わせた栽培技術が必要です。特に冬場の野菜栽培は難しいですが、自然の力を借りて四季を通して野菜の出荷を続けています。


【”たべくら”の考える豊かさ】

少量多品目の有機農業をはじめるにあたりイメージを膨らましていた時、 真っ先に思い浮かんだのは作った野菜を食べて暮らしたいという思いでした。

四季のある日本では本当に多種多様な野菜が育ちます。
季節ごとに違う野菜を育てる面白さ、食卓では更にいろいろな料理が食べられる楽しさがあり、毎日飽きません。

食べることを楽しくしていくことは、暮らしの豊かさにつながると思っています。
自然と風土、畑と野菜、台所と料理がつながれば、ますます暮らしが面白くなる。

もりもり食べて、健康に楽しく暮らす。
もっと食べて暮らそう。

古家豊和さんの活動拠点

古家豊和さんのメディア

特定商取引法に関する表示

運営会社

信州四賀たべくら農園


代表者

古家豊和


所在地

長野県松本市中川1861


電話番号
請求後遅滞なく開示します。

※お取引やサービスについてのお問い合わせは電話では受け付けておりません。商品ページの「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

販売価格および送料
各商品ページの表記をご確認ください。

商品代金以外に必要な費用
配送エリアにより追加の送料
(「送料について」をご確認ください。)

代金の支払い方法
クレジットカード

代金の支払い時期
クレジットカードの場合は即日

商品の引渡し時期
各商品ページの表記をご確認ください。

申込の有効期限
各商品ページの表記をご確認ください。

キャンセル・交換について
生産者と会員とが当サービス上で合意した場合のみキャンセル・返品や交換が可能です。商品に瑕疵がある場合には、生産者へ直接ご連絡ください。