徳島県徳島市

中野照夫

高天原農園

ごぼう、黒枝豆、そら豆、蕪、インゲン豆

◆はじめまして、高天原農園の中野 照夫です
徳島県出身、徳島市在住です。
農園名の由来は、神代の時代、阿波から高天原の文化が 日本中に広がって行ったように、私の野菜も 日本中に広がり、認知されたいなぁと願って ネーミングしました。
夫婦二人で営む小さな農家です。

◆食物神の国で農業に携わる誇りを持って
もともと先祖から農家で私自身も会社勤めの兼業農家でした。しかし20年ほど前より家庭の事情により、専業で農業をする事にしました。
そして現在の出荷先は、徳島県内及び関西圏のスーパーの産直コーナーに出品しています。
古代より日本人は農耕民族でありましてや阿波(徳島県)は古事記に書かれるオオゲツヒメ(食物の神様)の国です。この食物神の国で自然とともに生かされ、農業に携わっているということに誇りを持って、農作物を作っています。

◆生産物と地域特性について
主となる野菜は、黒豆の枝豆
蕪、サラダ牛蒡の三品目です。あとは少量ですが、基本的に露地栽培ですので旬の作物を意識して栽培しています。たとえば、エンドウ豆、そら豆、インゲン豆、なの花、ほうれん草などです。
阿波徳島は、食物神の国ですから、温暖で日照時間も多く肥沃な土地柄なので、その土地、土地の地域に適した、あらゆる作物が栽培されています。

◆夢、希望、信念
より多くのお客様に美味しいと言われたい。高天原農園の野菜を全国の消費者の方々に知ってもらいたい。 その為に日々努力!
食べて喜んで頂けたら、生産者としての喜びであり、何よりも励みになります。これからも自然を相手に、持続可能な限り 美味しいをモットーに栽培し続けていきます

中野照夫さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください