和歌山県和歌山市

宮本道啓

宮本農園

どぶろく

和歌山の山東地区で祖父が営んでいた農業と米屋の待望?の長男として生まれる。祖父とオート三輪で造り酒屋へ酒造用水を運んでいたことも。休みの日の日課は理科の教師をしていた父の影響もあって「山遊び」や「ひみつ基地つくり」の毎日。父の趣味の狩猟に付き添うこともありました。 少しの良い事や多くの悪いことも全て受け止めてくれた地元の自然に感謝。高校卒業後は少年時代の経験が影響したのか醸造の世界に飛び込み、酒蔵へ就職。その後も兼業農家をしながら「食」にどっぷりはまり込む。 人生100年時代、半分が過ぎて「何にもやってないやん」がきっかけで「どぶろくつくり」を一念発起。和歌山市へ特区認定を働きかけてから約1年と2ヶ月、2020年8月27日にその他の醸造酒の免許を取得。2020年11月より仕込みは始めています。 50過ぎのおっさんの挑戦に耳を傾けていただいた和歌山の皆様、山東地区の皆様、和歌山市役所の皆様、税務署の皆様、金融機関の皆様、建築関係、地主の皆様、農機具屋様、挙げるとキリがありませんが本当に沢山の方々の助けがあり何とか販売できるところまでたどり着けました。 お客様に喜んでいただける商品をお届けできるよう日々精進いたします。今後ともよろしくお願いします。 宮本農園 代表 宮本道啓