埼玉県大里郡寄居町

井伊 誠

井伊農場

米、麦、大豆、野菜(年間約60品目)

はじめまして。井伊農場と申します。

農薬と肥料を使わず、里地里山で取れる資源(落ち葉、わら、草、米ぬか、籾殻、木の枝など)を使い土を豊かにすることで、米、麦、大豆、野菜を育てています。

●作物本来の味を大切に
食べ物にはいろいろなおいしさの指標がありますが、そのもの本来の味がする作物を育てることを大切にしています。それが結果的に本当の安心・安全につながるのではないかと思うのです。

●作物の力を引き出す
作物本来の味を引き出すため、品種を選ぶ際は、在来種や固定種を選ぶようにしています。少しずつ種を取り、うちの田畑の環境になじませることで、作物本来の力と味を引き出したいからです。
種をとっている作物の数はまだ十数種類と少ないですが、将来的にはすべての種をつなぐことを目標にしています。

●土や太陽の恵みで作物を育てる
もうひとつ心がけているのは、肥料の力ではなく、土や太陽の恵みで作物を育てることです。書き出しで少しも触れましたが、田畑周辺の里地里山でとれる資源を活用して栽培しています。
肥料を使うより省エネルギーな循環型の農法で、地域資源栽培と呼んでいます。昔はこれがごくありふれた農業の姿でしたが、化学肥料と農薬をセットにした、経済効率最優先の大規模栽培が一般化するにつれ、どんどん廃れていってしまいました。

でも、私はもう一度自然と向き合い、人間が自然の一部ととらえられていた時代のやり方を学びなおし、大規模栽培や輸出などとは違った手法で、農業や農村の活性化を目指したいと思っています。

●ごみを減らしたい
農業は栽培の過程で意外とごみが出る仕事です。なるべくビニールごみを減らしたいので、農業では一般的に広く使われているビニールのマルチフィルム(被覆資材)は使用していません。