鹿児島県鹿児島市

迫 孝志

マルタカ菜園

パセリ、ラディッシュ、小松菜、ほうれん草、ニラ、ハンダマ

当菜園では「減農薬・減化学肥料栽培」はもちろんのこと、環境保全型農業と呼ばれる環境に負荷をかけない野菜栽培に取り組んでいます。

また安心安全を第一に殺虫剤の代わりに天敵昆虫を利用したり、殺菌剤の代わりに天然の拮抗菌を使ったりと自然の力を利用した栽培方法も積極的に取り入れています。

2016年から当圃場で育てたパセリを使った「かごしまパセリのディップ」を販売中。

【 土作りに関して 】
• 本来の土の力を引き出す完熟堆肥を中心とした施肥が基本。
• 定期的な土壌診断で物理特性や科学特性の把握。
• 施肥毎に簡易診断(EC測定)を行い過剰な施肥を防止。
• くん炭等多孔性炭素材を使った通気性や保水性の改善。
• 天然資源であるゼオライト等を使った保肥力増進と土壌比重の改善。
• 土着菌・BM菌・VA菌根菌など有用微生物の積極的な利用。
• ソルゴーやライムギ緑肥による腐植物質の補給及びC/N比調整。
• 定期的に深耕機を使い土壌の物理性改善。
• 米ぬかを主体とした自家製のぼかし堆肥の製造と利用。