青森県八戸市

中村 寛

合同会社ソイルラボ

トマト、ほうれん草、小松菜、じゃがいも、にんじん

◆はじめまして、ソイルラボといいます
青森県八戸市で、農薬・化学肥料や有機肥料を使用しないで多品目の野菜づくりをしています。
私たちは健康な野菜を育て、たくさんの人に届け、そしてその野菜のおいしい食べ方を伝えていき、野菜をお届けした皆さんとのつながりを大切にする…まちの「かかりつけ医」のような、そんな八百屋さん。私たち、子供たちが口にする「食べ物」は本当においしくて安心して食べられるものを。それは未来へ繋がることだと考えて、土づくりと野菜づくりをしています。「土と向き合い、探求していく」という思いから「ソイルラボ」という屋号にしました。

◆「身土不二」の大切さに気づき、農業の道へ
農地や農地周辺の水路や農道といった農業生産基盤の整備に関わる仕事をしておりました。そんな中で「身土不二」という言葉に出会いました。「土と身(体)は別々のものではない、土が身をつくる」。そして子供たちが毎日さまざまな食べ物を口にし、大きくなっていくのを見るたび、「身土不二」という言葉の意味が大切だと強く思うようになりました。そして、私は自分の思いを実現させるべく、地元・八戸市に帰り、作物をつくり育てるという仕事を選びました。

◆青森県八戸市で育った、生命力にあふれた力強い野菜です
私たちが住む青森県八戸市は漁業が盛んな町です。冬は比較的雪が少なく、夏には「やませ」という冷たく湿った特有の風が吹くこともあり、冷涼な地域です。このような地域特性を生かして、健康な土からできる生命力にあふれた力強い農産物をたくさんの人に届けたいと思っています。みなさん、ぜひ私たちがつくり育てた野菜を食べて、心も体も元気になってください。

◆土を一番に考えています
一番に考えているのは野菜をつくる「土」。土は、朽ちたものの分解、構築、受容の工程を維持、継続し、自然界の調和の取れた秩序を守り、繰り返す。私たちはこの繰り返しを畑で再現するため、糸状菌のえさとなる炭素成分を多く含む資材である木材チップ、廃菌床と言われる椎茸づくりにおいて木材チップを原料としたシイタケの人工培地として利用されたもの、剪定枝、籾がら、刈草等を土壌に入れて、糸状菌に分解してもらい、その後に土の中の生物相を豊かにして、その土で野菜を育て、またそれを繰り返します。
そんな土からできる野菜は、えぐみ・苦みを感じる元になる硝酸態窒素が低濃度なので、むしろ野菜に甘さがあります。特に葉物は澄んだ味がして、これが野菜の本当のおいしさだと実感できます。

中村 寛さんの活動拠点

中村 寛さんのメディア

特定商取引法に関する表示

代表者

中村寛


所在地

請求後遅滞なく開示します。


電話番号
請求後遅滞なく開示します。

※お取引やサービスについてのお問い合わせは電話では受け付けておりません。商品ページの「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

販売価格および送料
各商品ページの表記をご確認ください。

商品代金以外に必要な費用
配送エリアにより追加の送料
(「送料について」をご確認ください。)

代金の支払い方法
クレジットカード、コンビニ決済

代金の支払い時期
クレジットカード決済:ご利用のクレジットカードの締め日や契約内容により異なります。ご利用されるカード会社までお問い合わせ下さい。
コンビニ決済:注文から3日以内

商品の引渡し時期
各商品ページの表記をご確認ください。

申込の有効期限
各商品ページの表記をご確認ください。

キャンセル・交換について
生産者と会員とが当サービス上で合意した場合のみキャンセル・返品や交換が可能です。商品に瑕疵がある場合には、生産者へ直接ご連絡ください。