青森県八戸市

中村 寛

合同会社ソイルラボ

トマト、ほうれん草、小松菜、じゃがいも、にんじん

◆はじめまして、ソイルラボといいます
青森県八戸市で、無農薬・無肥料栽培で多品目の野菜づくりをしています。
私たちは健康な野菜を育て、たくさんの人に届け、そしてその野菜のおいしい食べ方を伝えていき、野菜をお届けした皆さんとのつながりを大切にする…まちの「かかりつけ医」のような、そんな八百屋さん。私たち、子供たちが口にする「食べ物」は本当においしくて安心して食べられるものを。それは未来へ繋がることだと考えて、土づくりと野菜づくりをしています。「土と向き合い、探求していく」という思いから「ソイルラボ」という屋号にしました。

◆「身土不二」の大切さに気づき、農業の道へ
農地や農地周辺の水路や農道といった農業生産基盤の整備に関わる仕事をしておりました。そんな中で「身土不二」という言葉に出会いました。「土と身(体)は別々のものではない、土が身をつくる」。そして子供たちが毎日さまざまな食べ物を口にし、大きくなっていくのを見るたび、「身土不二」という言葉の意味が大切だと強く思うようになりました。そして、私は自分の思いを実現させるべく、地元・八戸市に帰り、作物をつくり育てるという仕事を選びました。

◆青森県八戸市で育った、生命力にあふれた力強い野菜です
私たちが住む青森県八戸市は漁業が盛んな町です。冬は比較的雪が少なく、夏には「やませ」という冷たく湿った特有の風が吹くこともあり、冷涼な地域です。このような地域特性を生かして、健康な土からできる生命力にあふれた力強い農産物をたくさんの人に届けたいと思っています。みなさん、ぜひ私たちがつくり育てた野菜を食べて、心も体も元気になってください。

◆土を一番に考えています
一番に考えているのは野菜をつくる「土」。土は、朽ちたものの分解、構築、受容の工程を維持、継続し、自然界の調和の取れた秩序を守り、繰り返す。私たちはこの繰り返しを畑で再現するため、糸状菌のえさとなる炭素成分を多く含む資材である木材チップ、廃菌床と言われる椎茸づくりにおいて木材チップを原料としたシイタケの人工培地として利用されたもの、剪定枝、籾がら、刈草等を土壌に入れて、糸状菌に分解してもらい、その後に土の中の生物相を豊かにして、その土で野菜を育て、またそれを繰り返します。
そんな土からできる野菜は、えぐみ・苦みを感じる元になる硝酸態窒素が低濃度なので、むしろ野菜に甘さがあります。特に葉物は澄んだ味がして、これが野菜の本当のおいしさだと実感できます。

中村 寛さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください