東京都杉並区

山口尚子

合同会社 SORATANE

長ネギ、白菜、スティックセニョール、サツマイモ、大豆

◆はじめまして、SORATANE農園の山口と申します
農園の名前は「そらいろのたね」という絵本から名付けました。空のように近くでも、遠く離れた人達でも、どこまでも、いつまでもつながっていける、そんな農園でありたいと思っています。SORATANEは農業のほかに保育所の運営も行っており、子ども達や保護者の皆様にもご参加いただきながらお野菜を育てています。

◆福祉から農業へ
以前、精神障碍者の就労支援の仕事をしていた時、障害のある方の職場として、農業が非常に継続率が高いという事例を拝見する機会がありました。それがきっかけで、自分も農業の研修に参加してみたのですが、そこで、すっかり農業の魅力にはまってしまいました。自然と触れ合っていると、日々のストレスから解放され、時間の流れさえ違って感じられました。長年福祉従事者として働いてきた私は、この心地よさを、ストレスを抱えた人達や子ども達の情操教育に活用したいと考え、農業を始めることを決意いたしました。

◆農園と作物のご紹介
圃場が東京と神奈川という、都心から日帰りできる距離にあるため、出荷だけでなく、実際に農園にお越しいただいて、農作業や収穫体験を定期的開催しております。春は、ジャガイモ堀り、夏はスイカ割、秋はサツマイモ堀り、冬は大豆できな粉やみそ作り、その他旬の野菜を知っていただくために、露地野菜を中心に栽培をしております。毎年、一番人気があるのは里芋で、津久井の風土に合っているようです。

◆SORATANE農園は未来を担う子ども達の体験の場です
人工知能等の発展に伴い、これまで人間がやってきた仕事が、どんどん淘汰されてきています。そんな時代に、子ども達に伝えていきたいことは何か。計算がいくら得意でもコンピューターの正確さや持久力には勝てません。機械ができることをいくら学んでも、将来生き残っていける保障などないのです。人間にしかできないこととは?私たちは、未来を担う子ども達に、想像することや不確かなことでも自分が正しいと思うことを信じて行動することをたくさん経験してほしいと考えています。SORATANE農園はその体験の場として大切なフィールドという性質もあります。SORATANE農園のお野菜をご購入いただくということは、こうした活動の支援につながっているということを消費者の皆様にお伝えさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

◆私たちの想い
子ども達だけでなく、ストレスを抱えている人、生きづらさを感じている人、不安、悲しみ、さみしさなどいろんな感情を抱えている人達に私たちのことを知ってほしいです。私も皆さんと同じなんです。いろんなものを背負って生きています。だから農業に魅かれたし、食と農を通して、みんなで笑顔になりたいと願っています。伸ばされたすべての手とつなぎあい、空のように切れ間のないつながりをどこまでも築いていきたい。それが、SORATANEの想いです。

◆メッセージ
代表を務めさせていただいております山口は、精神保健福祉士、社会福祉士、保育士の有資格者です。その他幼稚園教諭や教員免許、認定心理士等の資格も保有しております。農を通して心も体も元気になりたい方、コメントはお野菜の話だけじゃなくても大歓迎です。その他、SORATANEスタッフは、それぞれみんな個性豊かなので(笑)、是非、気の合うスタッフを見つけてやり取りしてください。

山口尚子さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください