北海道深川市

上島孝治

株式会社 有機農園 たかしま農場

米、黒米

◆「食物の安全と安心を追求し、食卓へ」
株式会社、有機農園たかしま農場代表の上島孝治と申します。北海道のほぼ中央に位置する深川市で生まれ、育ちました。この地で45年以上に渡り農業を営んできましたが、大規模経営への意向を目的として2018年に株式会社を設立。お米や雑穀といった水稲・畑作栽培を行っております。蛍が飛び立つこの田んぼから美味しいお米をお届けします。どうぞ、よろしくお願いいたします。

◆田植機の運転から芽生えた自信が農家を目指すきっかけに
私が16歳の学生の頃まだ春の手植えの時代、沢山の人の手で田植えをしていました。私も、みんなと一緒に手植えを1週間しました。ところが、みんなの方が手早く田植えについて行けませんでした。完敗でした。
こんなに腰が痛く、足腰がしびれ、息も乱れる様な仕事は私にはできないと感じました。ところがその頃から、2条植えと4条植えの田植機が出てその機械の運転手を務めました。その田植機で植えるとなんと一番上手に植えることが出来ました。沢山の年配者の中で一番上手に植えることが出来た17歳の私の自信になり、農家を目指すきっかけになりました。

◆良食味米生産地の深川市
南側を除く三方向を山に囲まれ、北は雨竜川、中央に石狩川があります。私が栽培している地域の土壌は砂質土多く、また昼夜の寒暖の差が激しい気候です。これは作物にとって望ましい環境と言われており、良食味米生産地として高い評価を受けております。

◆「自然」へのこだわり
食べ物の安心・安全とは何か、美味しいお米とは何なのか。数十年という歳月を経て、私は「有機栽培」という一つの栽培方法に出会いました。有機JASが認めた農薬や化学肥料すら使用しない、そんな「自然」へのこだわりが弊社の物作りに反映されていると自負しております。また特別栽培米といって、農薬を3成分・7成分と分けることで価格の相談に応じる事も出来ます。是非、お気軽にご相談下さい。きっとあなたの力になれると思います。

◆今後の夢
日常の日々で変わらず行う行為「食事」。その食卓を笑顔にすること。それは美味しくなければならない。そして安全でなければならない。でもそれは本来、当たり前のことだと思います。その当たり前を世界中に広げて皆さんの食卓が笑顔にいっぱいにする。これが私の夢です。

◆雑穀の栽培も行っています
現在、黒米・いなきび・大麦といった雑穀の栽培を行っており、製品の販売も検討しております。

上島孝治さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください